読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

バレンタインデーのお菓子とビール

今日のお菓子教室のメニューは、バナナとラズベリーのガトーショコラと、シュピーゲルという、鏡のように美しいクッキーでした。

 

甘いバナナと爽やかなラズベリーが入った、一味違ったガトーショコラです。


f:id:rikimarutti:20170214205931j:image
f:id:rikimarutti:20170214205943j:image
f:id:rikimarutti:20170214205954j:image


いつもは最後に出来上がったケーキをカットして試食するのですが、今日はみんなこのままお持ち帰りでした。

なぜなら、このままバレンタインのプレゼントにしたいから。

 

…いいと思います。

 

シュピーゲルはドイツ語で鏡のことです。

焼き上がったクッキーに流したホワイトチョコが鏡のようにピカピカだから、ということのようです。

本当は丸い形なのですが、長方形は私の好みなのでした。

 

 


f:id:rikimarutti:20170214210906j:image

夫にはチョコレートではなく、「チョコレートスタウト」というビールを用意しました。

 

チョコレートが入ったビール、ではなく、色も香りもビターチョコレートのような、黒ビールです。

アルコール度数も8.5%と高め。

もし夫の好みじゃなかったら、私が責任を持って飲みましょう、という魂胆見え見え。

 

その夫は職場から一粒のチョコレートも持って帰らず、「コンビニで本格っぽいお菓子を売ってた」とセブンイレブンザッハトルテを買ってきました。

何だかかわいそう、触れないでおこう…と思いましたが、チョコレートスタウトのせい?でつい聞いてしまったところ、「持ち帰らなかっただけで、もらったことはもらった」そうです。

信じたいと思います。