読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

小2の気持ちと手作りベーコン


f:id:rikimarutti:20170202210745j:image

今日は子どもクッキングでした。

16人中14人が2年生、後の二人は1年生でした。

メニューは、チョコレート入りスイートポテト。

後は試食を待つのみ、みんな椅子を出してきたりしてワイワイしていると、4つのうちの1つのテーブルの雰囲気がものすごく暗い…

うつむいて離れて座っている2年生の女の子二人。

近づくとどちらも泣いているのでした。

 

ど、どうしたのかな、さっきまで楽しそうにおしゃべりしながら生地を型に詰めていたのに…

 

今までもちょっとしたトラブルはよくありました。

例えば、生地が付いたままの泡立て器を振り回して、周りの子の顔がベタベタになったとか、自分達の班が早く終わったからと他に遠征して邪魔したりからかったりとか、調理室が広い場合は必ず興奮して走り回る、などなど。

「こらー!」と言えば解決した今までとは違います。

何があったのか、聞いても黙って泣いているだけで困ってしまいました。

 

二人を代わる代わる抱きしめて、よしよししながら「いいから食べよう。チョコがとろーりでおいしいよ。」と言うだけの私。

何だかうちのネコに対する態度と同じようになってしまいました。

悪かったかなあ…

 


f:id:rikimarutti:20170202213510j:image

知人の息子さん30才の手作りベーコンを頂き、びっくりするほどのおいしさに感激しながら(ベーコンを自分で作れるなんて!)ちょっと前まで自分も小2女子の母だったなどという、厚かましい勘違いを笑ったのでした。