お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

もりごろうになった黄色ちゃんはコテツだった

私やご近所の方で半年ほど保護していた迷い猫の「黄色ちゃん」は、年末に保護施設に入って「もりごろう」と改名し、広く里親募集をしながら暮らしていました。

 

今日の午後「実はもりごろうが」と電話があり、不安になりました。前に会いに行ったとき、ずいぶん痩せて元気がなかったからです。

ところが驚いたことに「飼い主さんが見つかりました」と言うのです。

それも新しい飼い主ではなく、元々飼っていた、本当の飼い主が現れたのでした。

手分けして近所中にポスターを貼っても、保健所に確認しても現れなかったのに…

 

「最後にもう1度会いたいと言うことでしたら、引き取りを少し待ってもらいますが、どうされますか?」

とスタッフに聞かれ、配達の後、早速行ってきました。

 


f:id:rikimarutti:20170130182456j:image

ちょっと不機嫌。

 

網戸を開けて逃げ出したという黄色ちゃん。

ケンカして大怪我して3本足で歩いていた黄色ちゃん。

この半年、波瀾万丈でしたが、ついに本名「コテツ」に戻る日が来たのでした。

 

元気でね(フクザツ)