お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

仕事はじめのケーキともりごろうクッキー


f:id:rikimarutti:20170104221624j:image

今年初の仕事はバースデーケーキでした。

76歳のおじいちゃんのために子どもや孫が勢揃いするということで、ケーキは2個。

新年早々、楽しい集まりのお手伝いができて嬉しいです。

お年始がわりに日持ちのするクッキーを焼いて持っていきました。

 f:id:rikimarutti:20170104223147j:image

ピーナツバターたっぷりのサクサクなクッキー。

大きく素朴な感じに焼いたら、大きなのんびり猫「もりごろう」の手を思い出しました。

 

実はおとといの晩にもりごろうのいる猫カフェから電話があり、あまりゴハンを食べないので、好物や好きな銘柄のフードがあれば教えてほしいと言うのでした。

 

心配になって配達の後、様子を見に行ってきました。


f:id:rikimarutti:20170104224203j:image

10日ぶりに抱っこしたもりごろうは、ずいぶん軽くなっていて驚きました。

昨日の晩から何も食べず、水も飲まないと言うのでさらに驚きました。

あんなに食いしん坊だったのに、どうしたの…

抱っこしながらうろうろと広いフロアを歩き回っていたら、大きな「ゴロゴロ」という喉の音がしたのでちょっとほっとして下におろしました。

スタッフがカリカリを差し出すと、少しずつ食べ始めました。


f:id:rikimarutti:20170104224911j:image

その後水も飲み、固かった表情もほぐれてきて私も安心しました。

持ってきた「もりごろうクッキー」をスタッフに渡して「よろしくお願いします」と言って出口に向かうと、もりごろうが当然のように私の後をついてきました。

どうやら自分も一緒に帰れると思ったようでした。

以前の譲渡会の時のように。

 

…切ないです。