お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

シュトーレンと怒った黄色ちゃん

少し前にEテレの「グレーテルのかまど」という番組で、ドイツの定番クリスマス菓子、シュトーレンを特集していました。

 

来週お菓子教室で作りますので興味深く見ていましたが、発祥地とされるドレスデンでは、厳しい基準をクリアしないと正しいシュトーレンのお墨付きがもらえないと知って驚きました。

 

粉に対するバターやドライフルーツの割合や、焼き加減など細かいチェックが入ります。

見ていると「しっとりした食感」はとても重要のようで、「これは少しパサついている。おそらく2、3分焼きすぎたね」などと協会の偉い方々が辛口なコメントをしていました。

 

何だか不安になり、私も来週の教室を前に試作してみました。


f:id:rikimarutti:20161210185108j:image

毎年この時期しか作らないからなあ…あ、それはみんな一緒ですね。

見た目はいいと思いましたが、1週間寝かせて食べてみるとしっとりさがやや足りない…

「おそらく2、3分焼きすぎたね」というテレビの言葉がよみがえってきます。そうかも…

明日もう1度作ってみましょう。

 


f:id:rikimarutti:20161210185552j:image

先週に引き続き、譲渡会に黄色ちゃんを連れていきましたが、今日も里親は見つかりませんでした。

ボランティアの方の話によると、今日の黄色ちゃんはプンスカしていて、やたら「シャーシャー」と威嚇するような声を出していたそうです。

私は1度も聞いたことの無い黄色ちゃんの「シャーシャー」

 

譲渡会がイヤなのかな、置いていかれたと思ったのかも…本当のところは良くわからないけれど、そろそろ私も仕事が忙しくなる時期なので、譲渡会はしばらくお休みです。

 

ペットシッターさんのFacebookや譲渡会のホームページなどできることはしているつもり。

希望を捨てずに頑張ります。