お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ハロウイーンケーキとひび割れるチョコレートケーキ


f:id:rikimarutti:20161005174733j:image

今日のお菓子教室で作ったハロウイーンケーキです。

リッチなマフィンの生地においしいカボチャをマッシュして加え、アクセントにカボチャの種を散らしました。

難しいことは何もないカップケーキですが、いくつもを同時に焼くときは、生地の量がまちまちだとうまくいきませんから、なるべく同じ量の生地を型に入れるのがコツです。

入れすぎても生地があふれて溶岩みたいに流れ出し、象の鼻みたいな形に固まったりします。(それもおまけ付きみたいで面白いですが…)

かといって少なすぎても何だか勢いがなくてつまりません。「小さくまとまっちゃって…」という感じです。

今日のみんなはとても丁寧で、きれいに作ったと思います。

時々テキトー先生になる自分を反省しました。

 


f:id:rikimarutti:20161005180119j:image

これは来週のメニューのチョコレートケーキです。

上に絞るクリームのデザインを変えようと思って、夕方ケーキだけ焼きました。今、冷めるのを待っています。

チョコレートがたっぷりに、砂糖と卵、生クリームとバターが入り、粉はちょっぴりでラム酒を効かせてあります。

こういう配合のケーキはとても濃厚で、生チョコを食べているみたいな感じです。

そして甘味もしっかりしているチョコレートケーキの特徴で、表面がカサカサとひび割れるのです。

 

昔、似たようなケーキをバレンタインメニューでハート型に焼いたら、「…何かハートブレークなケーキですねー、いや気にしませんけど私は」と生徒さんに指摘されて慌てたことを思い出します。

たっぷりの粉砂糖を振りかけてひび割れを隠したっけ…

別の生徒さんからは、何も考えずにハート型を真っ二つにカットして、家族に「あらー大胆」と言われちゃったと聞かされました。

懐かしい思い出です。