読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

今年もピンクのクリーム

お菓子


f:id:rikimarutti:20160914203306j:image

6才の男の子のバースデーケーキの注文をいただきました。

去年、5才の時は「ピンク色が大好きなのでピンクのケーキで」と頼まれましたが、今年は何色?

「今年もピンクで」ということで、ではなるべく可愛いピンク色をめざそうと思いました。

今までは食用色粉を水で溶いて使っていましたが、調整がむずかしく、濃くしたくてたくさん使うと味が変になりました。

 


f:id:rikimarutti:20160914204103j:image

そこで、カラフルなケーキの本場アメリカの着色料を使ってみることにしました。

パッケージもカラフルです。

 


f:id:rikimarutti:20160914204410j:image

「とても発色がよいので、つまようじなどで少しずつお使いください」と書いてありましたが、その通り。

上の5号のケーキ1台分のクリームを着色するのに使ったのは、なんとつまようじの先にポチっと取った1回だけでした。

 

…30年くらい使えそうな気がします。