読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

レッドベルベットケーキ


f:id:rikimarutti:20160516195942j:image

今日のお菓子教室では「レッドベルベットケーキ」を作りました。
聞き慣れない名前かもしれません。
アメリカの南部発祥と伝わるケーキです。

文字どおり赤いベルベットのような真っ赤なスポンジに、真っ白なクリームがゴージャス。
赤いスポンジはなんとココア味。
クリームはクリームチーズフロスティングという、クリームチーズがメインのクリームです(ややこしいですね…)

作り方はそれほどむずかしくありませんが、アメリカのレイヤーケーキ(クリームとスポンジが何層かになっているケーキ)は、層の数だけ型を使うところが日本と違います。
2層に仕上げたければ、ケーキ型2台に生地を流して焼くのです。
オーブンが大きいアメリカならではのやり方ですが、日本の普通の家庭で、同じ型を2つも3つも持つのは現実的ではありませんので、1つの型に流して後から2枚に切り分けるようにしました。

もしかしたらその方法では膨らまないとか、生地の下の方がつぶれるとか心配でしたが、大丈夫、美味しく出来上がります。
アメリカのレシピを色々調べても、どれも型は複数使うのでちょっとドキドキでした。

初めての味、初めての作り方、生徒さんたちも喜んでくれて良かったです。



f:id:rikimarutti:20160516201816j:image

できるだけ忠実に作りましたが、アメリカのお菓子はけっこう塩が強いので、そこだけ少し変えました。

「おいしい!」と試作品を食べていた娘が、「でも、レッドベルベットって何かピアノカバーのイメージだよね」などと失礼なことを言っていましたが、クリスマスやバレンタインに喜ばれるそうです。

生徒さんたちは「母の日にいいかも」と。
そうかも。