読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

いつも一人

お菓子 その他

f:id:rikimarutti:20160507165345j:image

週末スポーツジムに通うようになって約1年。
参加するプログラムも決まってきて、大分慣れてきました。
何年も通っている人が多いのか、ほとんどの人が顔馴染みのようで、あちこちでにぎやかな会話が聞こえます。

そんな中にあって、私はいつも一人です。
誰かに話しかけたり、かけられたりはほとんどありません。
プログラムとプログラムの間は雑誌を読んだりボーッとしています。

なぜか一緒になるのは非常に個性的な人が多いのと、常連感がものすごい気がして、ちょっと腰が引けているところもあります。
誰も知らないところに一人でいるのが何だか心地良い、ということもあって、全然寂しくありません。

ところが今日、ヒップホップのレッスンが終わって座って休んでいると、急におじさんが隣に座って話しかけてきました。
いつも最前列の真ん中でノリノリでヒップホップを踊っている、「超常連」さんです。

「参ったよねー、今日特別プログラムでエアロないの知らなくて、張り切って10時に来ちゃいましたよ」
「あっ、そうなんですね」
という感じで5分ほど話しました。


もしかして、そんなつもりじゃなくても、寂しそうな暗いオーラが出ていたのかなあ、とちょっと思いました。
話してみたら普通の人だった…などといいトシをしてびびり気味の自分が可笑しくなりました。


何より、「10時から4時までいろんなレッスンを受けて、サウナに入ると3キロ落ちるよ。嬉しくて飲むから1週間で戻るけど」という話が聞けてよかった。
ちょろっと来て、さっさと帰る自分が甘かったことに気がついたからです。それじゃなくても週末限定会員なのに。
筋肉も付かないわけです。
頑張ろう、明日から!
1年かかってやっと気がつくとは…



f:id:rikimarutti:20160507173830j:image

ちょっと青い色が微妙な感じですが、ピーナッツバターとブドウジャムのケーキです。
シンプルでしみじみおいしい、アメリカのマフィンをアレンジした気取らないおやつです。
ピーナッツバターとジャム、不思議な取り合わせのようですが、ピーナツのコクとジャムの酸味が合うのです。

本当にひとりぼっちで寂しい時も、これを食べると元気になります。