お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

クッキーは生きている!?


f:id:rikimarutti:20160204194531j:image

今日も子どもクッキングがありました。
メニューは前回と同じ「水玉クッキー」ですが、別の地区の児童センターで行いました。

前の時、お持ち帰り用のスタイリッシュ(と私が思い込んでいる)な窓付きの紙袋が子どもたちには不評だったので、今日は耐油製のシンプルなものにしました。

余談ですが、この袋は名前も「フクロン」。
ストッキングや足袋でおなじみの、福助工業が作っています。

何だかシンプルすぎるので、シールを付けることに急に決めました。
うちに20枚あるのはこの「生ものですので、お早めにお召し上がりください。」のシールだけでした。
クッキーは生ものじゃないけれど、まあいいか、と持っていったのでした。


今日は1、2年生中心に20名。
「わーやったーシールだー♪」とみんな喜んでて良かったなあ、と思っていたら誰かが、
「先生、クッキー、イキモノじゃないよね?生きてんの?」

ナマモノじゃなくてイキモノと読んだのですね。か、かわいい…
みんな笑うかな、と思ったけれど全員真面目な顔で、「えっイキモノ?」みたいに私を見ています。

「ナマモノ、だよ」
「ナマモノ??」


生もの、低学年の子どもたちには難しかったようです。
もう、本当に可愛いです。