お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

お姉ちゃんとネコ

うちの3匹のネコにとって、お姉ちゃん(うちの娘)は最強な存在です。


f:id:rikimarutti:20151112182121j:image

両肩に持ち上げられてゆっさゆっさされても、無表情で我慢しています。


f:id:rikimarutti:20151112182327j:image

我慢しきれなくて、逃げ出すこともあります…

それでも、呼ばれるとトコトコついていって甘えたり、ごろんと転がってラブリーポーズ(と本人たちが思っているらしい)を披露したりしています。


f:id:rikimarutti:20151112182727j:image

爪切りが大嫌いなもみじも、お姉ちゃんには逆らえません。
何しろお姉ちゃんは、4本の足の爪を1分足らずで切ってしまう強者なのです。

娘が3才の時に初めて飼ったネコに、娘は全く頭が上がらず、年の離れたお兄さんと妹のようでした。
今はネコたちのお姉ちゃんとして君臨しています。

ネコじゃなくても、動物と子どもが一緒に暮らすことはいいことだったなあ、と思っています。



f:id:rikimarutti:20151112183618j:image

リキ丸が来た頃と同じくらいからある、バラ模様のケーキフィルムです。
ケーキのサイドに巻くものです。
その当時でさえずいぶん古い品で、お店の在庫一掃セールで100円足らずでした。
そのレトロさが良くて、いつか特別なケーキに使おう!と思っているうちに忘れてしまい、さっき見つけました。

先月のウェディングケーキや、今週月曜のお祝いのケーキに使えば良かった…
いつか、っていつだ!と反省して、これからどんどん使います。

関係ありませんが、いつもバタバタしてネコたちに「もうちょっと待ってね!」とすぐ言ってしまうのも反省。
もうちょっと、ってどれくらいだよ!と思ってるかも知れません。