お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

目玉親父のようなケーキ


f:id:rikimarutti:20150905182409j:image
ピンクに染まった、お風呂上がりの目玉おやじのようなケーキをもらいました。
材料屋さん主催の講習会で作ったお菓子の一つだそうです。
あいにく私は子どもクッキングと重なって出席できませんでしたが、お店の女の子が取っておいてくれたのです。
「かわいい目玉おやじって感じですね♪誉め言葉ですよ」
「リキ丸さん、そう言われれば目玉おやじ、ですね!」


f:id:rikimarutti:20150905183258j:image
カットすると何とも秋らしいシックな色合いでした。
下からタルト、ココアのスポンジ、カシスのムース、カシスのゼリー、カシスの濃厚なソース、だと思うのですが間違っていたらすみません。
全体に甘さはかなり控えめで、「何でもかんでも甘さを押さえれば良いというものでもない」
と考えている私は、最初の一口は「うーん…」という感じでしたが、直径7cmほどのボリュームのある大きさ、最後までおいしく食べることを考えると、結局この甘さで良かったと思います。
勉強になりました。




f:id:rikimarutti:20150905184247j:image

レジ袋で遊ぶブームはあっという間に過ぎ去り、昨日から未使用トイレがお気に入りのアユ。
リキ丸も入りたそうにしていましたが、「絶対どかない」と目ジカラでアピールしています。