お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

進化しているデジカメと、今日はもみじがまっすぐ。

最近はタブレットで写真を撮っていますので、デジカメがどんどんすごくなっているというのは、ちらっと聞いたことがあるだけでした。


f:id:rikimarutti:20170521061135j:image

これは先週の母の日、うちで娘が撮った写真です。

デジカメ→パソコン→アプリで編集→LINEでみんなに送る、という面倒な手順のものかと思ったら、最初からデジカメに「コラージュモード」みたいなのがあって、連続して撮った写真が自動的に編集されるのだそうです。

 

しかもWi-Fiスマホに写真をどんどん送ることができるから、すぐにいろいろ活用できるというので、驚きました。

便利すぎる…

こういう分野に疎い私は、最新の状況についていこうなどとは、もはや全く考えていませんが、時々こうやって驚いたりするのは楽しいです。

 

 

f:id:rikimarutti:20170520215406j:image

昨日はアユがまっすぐになっていつまでも同じところに寝ていましたが、今日はもみじがまっすぐでした。


f:id:rikimarutti:20170520222357j:image

寒い時期は丸まっていますが、最近の暑さでほどけてきたのでしょう。


f:id:rikimarutti:20170520222710j:image

「溶けそう…」

じゃあなぜ日の当たる窓際にいるのか…謎です。

裂けたチーズケーキとまっすぐなアユ


f:id:rikimarutti:20170519212853j:image

ミックスベリーのチーズケーキです。

少し焼きすぎたのか、裂けてしまいました。

明日10等分にして配達するのですが、どこをどうカットすればカッコ悪くないのか、悩むところです。

中途半端に残すのもいやで、ミックスベリーをいつもより多目に入れて使いきったのですが、それも良くなかったのかもしれません。

 

「単純なお菓子ほど、作り手によって差が出るものです」なんて生徒の皆さんに言ってる私が、単純なチーズケーキを甘く見ていたのかもと反省しました。

 

反省と言えば、別に誰も何も言っていないのに、なぜか勝手にしょんぼりして玄関から動かなくなったアユ。(のように見えました)

今朝のことです。


f:id:rikimarutti:20170519215303j:image

何もわざわざ段差のところでまっすぐにならなくても…


f:id:rikimarutti:20170519215727j:image

近寄ってみたら寝てました。

何だかニヤニヤしながら。

午前中しばらくそうしていたアユ。

 

もしかしたら陽が当たる場所にいたいだけなのかも、と気がついたのはずいぶんたってからでした…

 

まっすぐなアユを見ていて、自分が「ストレートネック」だと、整骨院の先生に言われたことを思い出しました。

 

治るのに時間がかかるそうですが、この際じっくりがんばってみようか…、アユを見ていてなぜかそう思ったのでした。

 

 

 

 

クッキー2種類と寂しいアユ

今日は午前中のお菓子教室でも、午後の児童センターの子どもクッキングでもクッキーを作りました。



f:id:rikimarutti:20170517211536j:image
見た目は素朴すぎますが、本当においしい「アメリカンチョコチップクッキー」です。

チョコレートたっぷりのソフトで大きなクッキーは、直径10cm以上もあるアメリカンタイプ。

食べごたえがあります。

チョコチップと言っていますが、実際はチョコレートを大きめに砕いた「チャンク」を使って、チョコゴロゴロ感を出しています。

「簡単でおいしい!家でも作ります!」と喜んでもらえて良かった!

 


f:id:rikimarutti:20170517213840j:image

こちらもソフトタイプのクッキーですが、小麦粉の代わりにアーモンドパウダーを贅沢に使ったおしゃれなタイプ。

コーティングチョコレートとスプリンクル(パラパラした砂糖の飾り)でかわいく仕上げました。

小学生になりたてホヤホヤの1年生も頑張りました!

「先生、うち5人家族だけど、お土産6個だよ」

「作った人は2個食べてもいいんじゃない?」

「うんっ」と嬉しそうな顔の1年生は本当にかわいいなあ~

 


f:id:rikimarutti:20170517215209j:image

夜、台所で行き倒れているアユ。

ではなく、忙しかった今日は、なかなかかまってあげられず、拗ねているのでした。

ごめんね、ごめんね。


f:id:rikimarutti:20170517215631j:image

「…」

 

重いアユを抱っこしながら夕飯の準備をしていて、もしかしたらこういう繰り返しが足腰にきて、今回の足の痛みに繋がったのかも、と考えました。

よし!鍛えますか!

いつまでも抱っこできるようにね。


f:id:rikimarutti:20170517220612j:image

「はい、よろしく」

 

 

 

 

 

いつもの二人とミモザのお菓子


f:id:rikimarutti:20170513222421j:image

あとで片付けようと置いていた小さな段ボールに、すかさずアユが入ったので、しばらくそのままにすることにしました。

この目付きは「誰も入っちゃダメ」と言っているようです。


f:id:rikimarutti:20170513222914j:image

もちろん、そんなことはリキ丸には通用しません。


f:id:rikimarutti:20170513223047j:image

何とかアユを追い出し、自分が入ろうとしています。


f:id:rikimarutti:20170513223214j:image

「バシバシバシッ」


f:id:rikimarutti:20170513223429j:image

耐えるアユ。


f:id:rikimarutti:20170513223454j:image

がんばって死守したようですが、何となく表情が固いです。

大変な戦いだったのでしょう。

 

しばらくして覗いてみると、リキ丸が…


f:id:rikimarutti:20170513224335j:image
さすがの貫禄、なのでしょうか?

猫の世界には年齢も性別もあまり関係ないのかもしれませんが、今日のお菓子教室では、女性に感謝し、ミモザの花束を贈るイタリアの「女性の日」にちなんだケーキを作りました。


f:id:rikimarutti:20170513225750j:image

黄色い可愛いミモザを、小さくカットしたスポンジやパイナップルで表現し、中には黄色いカスタードクリームをたっぷりはさんであります。

 

春らしくておいしそうだな…などと自分でも食べたくなってしまいました!

 

 

 

わがままなリキ丸とごく普通のクッキー

最近夜になると急に甘ったれになるリキ丸。

どうしてなのか全くわからないのですが、夕食後は娘の膝にベッタリと座りこんで「にやあにやあ」という何となくわざとらしい鳴き声で鳴いたりしています。

 

ずっとリキ丸に座られているとさすがに膝が痛くなるようで、「リキちゃん、抱っこしよう!抱っこだよ!」と娘がリキ丸を抱き抱えたとたん、ぶうっと不機嫌になるリキ丸。

 


f:id:rikimarutti:20170508205959j:image

 

今年に入ってから、こんな日がずっと続いています。

もうすぐ11才のリキ丸。

もしかしたら老化現象なのか…

そう思うと急に、いいよ!リキ!いっぱい甘えて!と言いたくなってしまうのでした。

あ、膝はお姉ちゃんね、お母さんは別の形で。

 

別の形と言えば、今日は余ったタルトの生地をクッキーにしました。


f:id:rikimarutti:20170508211816j:image

もちろん家のおやつです。

シンプルな、本当にシンプルなクッキー。

 

こんなお菓子が、毎日のおやつには良いようです。

入院中の上の娘も、連休明けで多忙な下の娘も、いっきにクッキーモンスターに変身!していました。

 

一瞬ですが、小さかった頃の子どもたちの「わあ!」と喜ぶ顔が思い出されて、泣きたいようなおかしな気持ちになりました。

 

 

ウドづくし

あまり買い物もせず、あるものでのんびりご飯を作る…そんなゴールデンウィークを過ごしていましたが、最終日の今日の午後、お隣から採れたての山ウドをいただきました。

 

新鮮なうちに食べないともったいない!と思い、かなりの量でしたが全部料理してしまうことにしました。


f:id:rikimarutti:20170507200445j:image

先っぽの方は天ぷらに。

甘味があっておいしいです。

天才か?と自画自賛しながらビールも進みます。

もちろん天才ではなく、素材が良いのです。

 


f:id:rikimarutti:20170507200710j:image

太い方はきんぴらにしました。

ウドの風味には、「オリーブオイルで炒め、ゆず胡椒で風味をつける」のが合うと思いますが、いかがでしょう?

居酒屋か?と突っ込みながら、ワインが止まりません。

もちろん素材が新鮮だからです。

 

ゴールデンウィーク最後の晩は、季節の恵みを十分楽しみました。


f:id:rikimarutti:20170507201502j:image

今日は部屋の隅っこで寝てばかりのアユです。

一体どこが目で鼻なのか…よくわからないまま写真を撮りましたが、写真にするとわかりました。

何でかな?

私の目が悪いだけ?

 

 

窓辺の1日


f:id:rikimarutti:20170505175204j:image

朝、居間の窓を開けたとたん、だあーっと走り寄ってきた3匹。

とにかく外の空気に触れたくて仕方がないようです。


f:id:rikimarutti:20170505175413j:image

小さなかごに無理やり入るリキ丸ともみじ。ここが一番風を感じられる場所なのです。


f:id:rikimarutti:20170505175518j:image

それにしてもちょっときつい…

リキ、太ったんじゃない?と言いたげなもみじに気がつかないようなリキ丸が気にしているのは


f:id:rikimarutti:20170505175815j:image

タッチの差でかごには入れなかったアユでした。


f:id:rikimarutti:20170505180020j:image

じいいっと圧力をかけるアユですが、もちろんどいてもらえません。


f:id:rikimarutti:20170505180122j:image

お昼に見たときは、立場が逆転していました。


f:id:rikimarutti:20170505180335j:image

そして午後


f:id:rikimarutti:20170505180359j:image

さらに夕方と、かごをめぐっての抗争は一日中続くのでした…


f:id:rikimarutti:20170505180532j:image

それにしてもお母さん…ヒマすぎない?

 

ゴールデンウィークはここ何年も遠出をしていましたが、こうしてのんびり過ごすのも楽しいなあ、としみじみ思うのはトシのせい?それとも初夏のような天候のせいかも。

だらだらゆらゆらしているうちに、体も心も確実に丸くなりそうです。