お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

オレンジのサバランとブルーベリーマフィン、そしてアユ

今日のお菓子教室ではオレンジのサバランとブルーベリーマフィンを作りました。

 

ブルーベリーマフィンは本場アメリカでは最もポピュラーなマフィンの一つです。

今日はそれにミント風味の生クリームをトッピングして「おしゃれカップケーキ」風に仕上げました。

写真ではわかりづらいですが、淡いブルーのクリームで、食べるとミントリキュールのほろ苦さと涼しさを感じます。

もしかしたら大人っぽい味かもしれません。

 

 

もう一つのオレンジのサバランは、しみこませるシロップをオレンジジュースとオレンジのリキュールで作った、さわやかなサバランです。

サバランはもともとキルシュ(サクランボのお酒)のシロップをたっぷりしみこませて作るパン生地のお菓子なのですが、いつの間にかラム酒のシロップがポピュラーになりました。が、実はそれは「ババ」と言う別の名前になります。

じゃあオレンジ風味のシロップを使ったものをサバランと呼んでいいのかどうか…などとややこしいことは置いておきましょう。

 

お菓子教室も無事終わり、みんなで片付けていると、「ねーねーみんな立ってるだけで暇なのー?じゃあさー遊んで!」とゴロゴロするアユ登場。

微妙に生徒さんの足にくっついています。

表情はいつもマジメ。

かすかに笑っているような…?

 

 

孤独登山女子と涼し気な和菓子

今日は友人たちと「気楽な低山登山、いつか3人で行きましょう」という話がやっと実現しました。

去年から本格的に登山を始めた初心者の私がリーダーの、レベルの低い山行ですが、登山の楽しみ方は色々。のんびり話をしながら、お昼時間もゆったりとってひたすら楽しい登山を目ざしました。

私は山ご飯として売られている、フリーズドライビーフシチューを試したくてジェットボイルというあっという間にお湯が沸く道具を持っていきました。これをスマートに使いこなすのが目標。(前回多少パニックあり)

友人は優雅にシャンパンを飲みつつ花や景色を堪能するのが目標。

もう一人の友人は茶道にはまっていて、大自然の中でお抹茶を立て、おいしいお菓子を味わうのが目標。

 

というわけで、友人が持ってきたスパークリングロゼで乾杯の後、私が何とか無事に沸かしたお湯でビーフシチューを作り(お湯を注いで混ぜるだけ)、食後は茶道の友人がお抹茶を立ててくれました。

青々とした牧草地や点在する牛を下に眺め、私たちを囲むように迫ってくる山々をまっすぐ見つめながら飲む抹茶のしみること…

 

教わったお菓子の名前は忘れてしまいましたが、はっかの風味のしゃりっとしたおいしいお菓子。

 

 

下山しながら、「それにしてもさー、リキ丸さんよく一人で山行きますよねえ。一人で面白いですか?寂しくないですか?」

「面白いよ。ものすごい解放感とものすごい緊張感がたまりません!」

「単独登山女子だっけ?私は無理無理。孤独登山女子になっちゃう」

「孤独登山女子?寂しすぎるネーミング、やめてー」

「はははは、じゃあ単独孤独登山女子!」

「長いんですけど…」

などとバカバカしい話をしながらあっという間に登山口に戻ってきました。

 

次回は9月、花の百名山に挑戦することを約束して解散しました。

単独登山女子も複数登山女子も楽しい!と言うお話でした(^^;

夏になると食べたくなるコーンブレッドとリキ丸が食べてしまったもの

今日のお菓子教室のサブメニュー、コーンブレッドです。

アメリカのクイックブレッド(イーストを使わないパン)の一つです。

アメリカはトウモロコシの一大生産地。昔からそのトウモロコシを粉にして、パンやお菓子、マフィンなどに利用していました。

独特なコーンミール(トウモロコシの粗挽きの粉)の風味が何とも言えない素朴なおいしさ。私はバターを付けて食べるのが好きです。

 

作り方は簡単なので、夏休みのお昼に焼いて子どもたちと、気軽な友人への手土産にとどんどん作ってもらえたら嬉しいな。

 

 

 

 

この時期は、うちのフサスグリがたくさん実を付けるので、枝ごと玄関に飾っています。それを見て「植えてみたい」とおっしゃる生徒さんには若い枝を差し上げています。

深紅の実はとてもおいしそうですが、熟しても酸味が強いので、イチゴのない季節のケーキの飾りや、ジャムなどに利用しています。

 

 

7月はそんなことが何年も続いているのですが、なぜか今年になって、リキ丸が突然フサスグリに興味を持つようになりました。

…どうしたんだ?

よく見ると、食べていました。葉っぱを。むしゃむしゃと。

あわててリキ丸を引きはがす私。

猫がすぐりの葉っぱを食べていいのか、全然わからなかったからです。

猫が好むのはシュンシュンした尖った葉っぱ。

この美しい形の葉っぱのなにがリキ丸を引き付けたのでしょう?

 

毎回言っていますが、長く猫と暮らしていてもまだまだわからないことがいっぱいです。

 

もちぷっちの水まんじゅう

 スーパーで目に留まったこのパッケージ。

「…なんのミックス粉?」

 

よくわからないけれど、わらび餅みたいなもちもちの生地を簡単に作ることができそうです。

新しい素材、お菓子教室で紹介したら面白そう…

 

家に帰ってから説明をよく読むと、葛餅みたいなお菓子や、今大流行のタピオカ風の生地がレンジであっという間にできるようです。

タピオカは乾物なので、作るとなると時間がかかります。それが似たようなものをわずか20分足らずでできるとは!

 

いろいろ試してみましたが、和菓子がいいような気がします。小さな粒粒のタピオカのように作るのはかなり根気がいりそう。

水まんじゅうを作ってみました。

 

市販の餡を使えば、涼しげな水まんじゅうがあっという間にできてしまう…

作るプロセスも楽しいです。

 

暑い夏はこのようなミックス粉を使って手軽におやつを作るのもいいと思います。

それにしても面白い素材です。様々なミックス粉がありますが、和も洋もと応用範囲が広く、アイデア次第でどんどん面白いお菓子ができそうです。

 

これからも「え?」と驚く素材がどんどん出てくるのかもしれません。

親子で、友人同士で、楽しい時間を過ごすことができるアイテムならば、それも良いのでは、と私は思うのです。

 

 

キュウリにお味噌の子どもクッキング

一昨日は地元の児童センターの子どもクッキングでした。

「衛生上の理由」から、焼き菓子ばかりを作ってきましたが、夏だし、暑いし、何より子どもたちに「次は何を作ろうか?」と聞くと、毎回「プリン」とか「ゼリー」そして「アイス!」という要望がとても多いのです。

そんなわけで今月は児童センターの先生にかけあって、「ヨーグルトのキラキラゼリー」を作ることにしました。

 

 

写真は大人向けのお菓子講習会で作ったものですが、子どもたちも同じように、というかもっと大胆で楽しい感じに仕上げていました。

 

「先生、メンコちゃんゼリー余ったら食べていい?」

「…余らないよ?」

「多すぎて入らない分だよ!」

「全部入るよ。ちょっと足りないくらいだし」

「ちぇーっ」

(市販品を使うと予算が厳しい大人の事情)

 

時間内に固まるかどうか、ちょっとヒヤヒヤしましたが、なんとか間に合いました。

いつもは試食も我慢して、「5人家族だから全部持って帰るの」なんて泣かせることをいう子たちも、全員がおいしそうにその場で食べたのには少し驚きました。

 

そうか、子どもたちは本当に冷たいお菓子が大好きなんだなあ。

何年もやっているのに、今さらながら実感したのでした。 

 

その後のことです。

事務室で日誌を書いていると、目の前にラップをした小皿が置いてありました。

「先生、良かったらどうぞ。フェンスの所に植えたキュウリが豊作なんです。さっきもいで、お味噌をつけて冷やしておきました」

「え?敷地内で育てているんですか?」

「そうです。30本も40本もできるから、子どもたちも1本丸ごとお味噌をつけてぼりぼりかじっていますよ。走り回って汗をかくから、おいしいみたい。人気です。」

 

まるでトトロの世界がこの令和の時代の、街中の児童センターで…なんだか不思議。

それでは、と遠慮なくいただいたキュウリは、びっくりするほど瑞々しく、キュウリなのに後味に甘みが感じられて、さっきまで広い調理室を大声を出しながら走り回っていた私の体がすーっとなっていきました。

「とても、おいしいです。ありがとうございます。あのう、キュウリ作りのプロですね。失礼ながらびっくりです。」

「あははは。先生、もうね、YouTubeがなんでも教えてくれるので。来年はもっともっといろいろ挑戦しますから、楽しみにしてくださいね」

 

おやつに新鮮なキュウリをかじりながら、元気いっぱいの子どもたち。

ここ、いいなあ、と体は涼しく、心は温かくなった出来事でした。

 

ところでGoogleフォトから送られてきたアユのレイアウト写真。

「こんなのいかが?」

色々な表情のアユがいっぱいです。

すべて私が撮った写真なのに、Googleフォトが選んでレイアウトすると、なんとなく

「ちょっと違う感じのアユ」になっているのでした。

不思議。

おいしいマフィンと蜂と遭遇したアユ

今日のお菓子教室はロールケーキとマフィンでした。

ロールケーキは、自分では「洒落てるなー」と思っている、コーヒースポンジとマスカルボーネクリーム、フレッシュオレンジの組み合わせ。

今日の生徒さんたちはベテランぞろい。

それぞれが美しいロールケーキを巻いてくれましたが、なぜ写真を撮り忘れたのか、私!!

 

それは置いておいて、もう一つのメニューが、アールグレー(紅茶の一種)とプルーンのマフィンです。

バター多めのリッチなマフィン生地に、アールグレーの茶葉と濃厚なアールグレーミルクティーを加えて夏らしい風味に焼いたマフィン。

ソフトプルーンを一つずつ載せてアクセントにしました。

 

私が「今はドライフルーツがとても人気ですが、元祖ドライフルーツってプルーンでしたよね。今はイチジクとか杏などが人気で、ちょっと影が薄いかな」と言うと、そういえばそうですよね…という雰囲気になりました。が、その時、「あのー、私はしょっちゅう食べてますよ」とおっしゃる方が。

良かった!

お菓子や食材の流行は意外に早いものです。

いい素材は流行に左右されずにずっとずっと残ってほしいと思うのです。

 

ところでこれは、珍しくかわいらしいアユの横顔です。

何を見ているのかと言うと、玄関から私と一緒に入ってきてしまった蜂、なのです。

 

「お母さん、ぶんぶん言ってる!」

 

「ほらほら!!」

 

興味津々でとっても楽しそうなアユには悪いけれど、私がほうきでうまく誘導して外に出しました。

 

予想通り、「なにすんのー!何で何で!?」と面白くないアユでしたが、もう20年ほども前、初めて飼った猫、「ブリ」が蜂に刺されてものすごい顔になってしまった経験がある私としては、とにかく蜂とアユの組み合わせは危険すぎたのでした。

ブリの顔、今でも思い出しますが、びっくりするほど腫れ上がり、右と左で別人ならぬ別猫になっていて、何の呪い?とのけ反ってしまうほどでした。

アユちゃん、そんなふうになりたくないでしょ?

「…」

 

親の心、子知らず、ですね。

ゴロゴロギューなお菓子教室

今日のお菓子教室はレアチーズケーキとニンジンケーキでした。

 

材料が全部冷えていると、ゼラチンが効いてあっという間に固まってしまって、仕上がりがキレイにいきません。

あまり知られていませんが、クリームチーズは少し温かく感じるくらいレンチンしてから作り始めると、余裕をもって仕上げることができます。

クリームチーズと生クリームだけでシンプルに、真っ白に仕上げたレアチーズケーキ。

今日はコストコで買った大きくてお買い得なキウイがあったので、生クリームも泡立てて、白&緑で涼し気に仕上げてみました。

キウイ、15個で税込み600円。お買い得過ぎませんか(^◇^)

 

ところで、お菓子教室とは全く関係がないのですが、今朝寝ぼけまなこでコーヒーを飲みながら、グルコサミンアクティブというサプリを摂りました。中高年山ガールのひざ痛予防です。

少しして、何だか食道と胃のあたりがスースーするなあと思い、先ほど飲んだサプリのビンを見てみたら…なんと胃薬!間違えた!しかも通常の2倍量!

どうなるの私? 具合悪くなるの?

 

色々不安でしたが、結果から言うと、別に気持ち悪くなることもなかった代わりに、びっくりするくらいお腹が鳴りだしました。

空腹時のギュルルー、みたいな音のほかにグオオオオー、キューヒュルヒュルー、などうるさいくらいです。どうしよう、あと2時間で生徒さんたちが来てしまう…

お腹の音が凄すぎて、自分が空腹なのか、満腹なのかもよくわかりません。

どうしよう~!

 

 

「仕方のないおバカさんね…」とでも言いたげなアユ。

 

 

レジ袋にからまってしまって大暴れしてたキミに言われたくないんですけれど…