お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ネコ

親子お菓子教室と猫

今日のお菓子教室は特別扁。 お母さんとお嬢さん、二人のレッスンでした。 お嬢さんは、春休みを利用しての参加となりました。 生徒さんたちが折に触れて話してくれる子どもたちのエピソード、ああこの子が○○ちゃんなのね!と初対面の気がしないのが不思議です。 …

ホワイトデーのお菓子

ホワイトデーのお返しはこんなお菓子。 アルミのしっかりしたケースに、スポンジ、生クリーム、いちごを重ねていき、最後にラズベリーのゼリーを流します。 一つで大体いちごショート4個分になります。 もらった人も持ち運びに気を使わないですむ形、でも味は本…

おしゃれ猫「アユ」

今日は我が家のおしゃれ女子、アユの念入りなケア(?)をお見せいたします。 まず入念なストレッチは欠かせません。 爪のお手入れも必須。 顔もていねいに洗ったら キリッ あっ、ダブル洗顔だった。 春はホコリっぽいですから。 ふたたびキリッ。 かわいいアユのできあ…

シンプルな身体と猫になりたい気持ち

先日、突然抜歯したことをお話ししましたが、今日はその後の治療のために、また歯医者さんに行きました。 前回は一部の歯を残しての抜歯という、説明されても、歯を見てみてもよくわからないものでした。今回は残った歯を土台にして被せるものを作っていくための、…

アユと袋とリキ丸と

珍しくリキ丸が袋に入っていました。 シャカシャカした音が苦手なリキ丸は、こういう袋にはなかなか近づきません。 楽しそうです。たぶん。 リキ丸のやってることは何でも真似したいアユがさっそく近づいてきました。 背後からチラッ 「ねえねえ」 「おいっ」 「…

猫とお雛様

この季節、毎年同じ記事で恐縮ですが、今年もひな祭りが近づいてきました。 さっそくお内裏様の横で「澄まし顔」をキメるもみじ。 アユが順番待ちをしています。 一周まわってごあいさつをしたり、 やっぱり「澄まし顔」は欠かせませんね。女子として。 いいから早…

白髪とカツラ

母の医療用かつらを買うことになり、メーカーの担当者と会うことになりました。 私の知らないかつらの世界。 値段もピンからキリですし、素材もいろいろです。 母が被ってみて「これ、いいわ」と言うのは10万円以上のものばかり。 もちろん母は値段を知らずにいろ…

かわいいヒョウ柄

私が持っている服の中で、一番暖かいのがこのヒョウ柄のジャンパーです。 アウトドア用品のお店で買ったので保温性は抜群、触り心地がフワフワで着ぐるみになった気分です。 しかも季節商品入れ替えセールでなんと半額。 ペンギンのロゴや黒の縁取りがかわい…

バースデーケーキを作りながら

今週は毎日バースデーケーキやデコレーションケーキを作っていました。 私には珍しいことです。 小さい人、ご年配の方、さまざまなケーキを作りながら、おとといのお菓子教室に赤ちゃん連れで参加した若いお母さんの言葉を思い出しました。 「この子(1才2ヶ月…

ネコが先

お嬢さんのバースデーケーキの注文を受けました。 「プレートは、ベリーちゃん、まゆちゃん、お誕生日おめでとう、でお願いします」 「あっ、(飼い猫の)ベリーちゃんも今月お誕生日でしたね。ダブルでおめでとうございます」 「あの、名前の順番はベリーを先にお願…

もみじのつめ切りと無関心な二人

とにかく臆病なもみじはつめ切りが大キライです。 4本の足の爪を1分足らずで切ることのできる、自称「天才」の娘にしか切ることができません。 意外と表情豊か、ではなく怖がりすぎです。 さすがの「自称天才」も多少切り傷を負ったようです。 まったく他人事…

完璧なドーナツのはずが

昨日のお菓子教室で作った「チョコレートオールドファッション」は、お店で見るようなきれいな割れ目ができ、さっくりしておいしいものでした。 本当ならここでコーティングチョコレートを使い、さらにチョコ感アップのはずでしたが、ネットで注文したチョコが届…

慌てて作ったクロカンブッシュ

毎年バレンタインデーのお菓子を注文してくださる方が何人かいらっしゃいます。 それぞれまったく違うお菓子なので、混乱しないように気をつけます。 これはハート型のフィナンシェです。 焦がしバターの香りがおいしい焼き菓子。 レアチーズケーキや、他には大…

おすもうさんの薔薇の帯

今日は、ある部屋のおすもうさんの激励会がありました。 私は最近いつも同じ着物ですが、帯締めと帯揚げは変えています。 マイナーチェンジしただけでも、雰囲気が違って楽しいです。 まだ若い三段目の力士が、とてもカッコいい帯を締めていたので撮らせていた…

バースデーケーキのはずが

娘の友達の誕生会(飲み会)に差し入れのバースデーケーキを作りました。 「おまかせします」と言うので、いちごと生クリームの定番をベースにしました。 そういえば来月はもうお雛様、そろそろうちも飾らなくては…などと余計なことを考えながら作ったせいか、出来…

真っ黒なフレンチトーストとケーキの端っこ

夫が買ってきた期間限定のフランスパンは、ココアで真っ黒、中にレーズンやナッツが入っているものでした。 チョコレート風味の生地はまったく甘くなく、でも香りはお菓子のように甘い不思議なパン。 このまま食べるのはちょっと… それが今朝、娘がフレンチトース…

最後のリンゴのタルト

去年の秋に紅玉をたくさん煮て、小分けにして冷凍しました。 お菓子教室のケーキやマフィン、配達用のタルト、バースデーケーキの飾りにと、大活躍しましたが、立春を過ぎ、ついに最後の一包みになってしまいました。 今シーズンは本当においしい紅玉に恵まれた…

パンダ豆と、アユの秘密じゃない基地

郊外の産直で、白黒の面白い豆を見つけました。 袋の裏には手書きで「パンダ」と書いてありました。 いんげん豆の一種のようです。 以前もどこかで見つけて買ったような気がしますが、味もよく覚えていないから、もう一度買ってみましょう。 いくら節分でも、こ…

チョコレートクリームケーキと寝てばかりのネコ

リキ丸たちには、今日は1日寝てばかりという日があります。 絶対何か、たとえば気圧とか、そういった自然なものが原因していると思っているのですが、よくわかりません。 皆既月食?は違いますよね。 そんな姿を見ていると、私まで眠くなる昼下がりですが、今日は…

日だまりを探して

毎年ご注文いただくお客様の自宅兼事務所に、バースデーケーキの配達に出かけました。 約束した時間に、なぜか誰もいません。 ドアノブには「しばらく留守にします」と小さなプレートがかけられていました。 どうしようかとケータイに電話しても、「ただいま出ら…

ふくれすぎたチーズケーキと黒ねこちゃん

配達用のスフレチーズケーキを焼きました。 久しぶりなので、ひとつひとつの手順をていねいに、気持ちゆっくりと進めたら、いつもより生地の量が多く出来上がりました。 メレンゲの立て具合とか、混ぜ方なども良かったのでしょうが、最近は気がつかないうちに急…

自分のためのお弁当とアユのための箱

雑誌を読んでいたら、曲げわっぱのお弁当箱が出てきました。 彩りよく盛られたおかずやご飯を、さらに美しく見せる曲げわっぱ、欲しいなあ…た、高いなあ。 15、6年もの間、多いときは3人分のお弁当を作り続けた私のお弁当人生も、気がつけば数年前に終わっていま…

狛犬になったリキ丸

先週着物を着ようと準備していた時も、相変わらず猫たちが邪魔しにやって来ました。 着物を広げようと敷いた紙に、さっそく潜り込むリキ丸。 目ざとく見つけたアユがすかさず攻撃。 攻撃の手をゆるめません。 リキ丸も反撃に出ます。 結局両者一歩も引かず、意地…

幸せのもふもふ

昼間は自分のお気に入りの場所をめぐって厳しい戦いを繰り広げていたアユでしたが、(すみません、顔ほど激しくはありませんでしたが) 夕方になって、干していたボアシーツを取り込んだところで、ばばーっと走ってきました。 なぜかアユは、このもふもふのシーツが…

ユルユル&固いティラミス

ティラミスは、「フィンガービスケット」という棒状の堅焼きスポンジにエスプレッソとリキュールを浸したものと、マスカルポーネチーズで作ったクリームを合わせるのが基本ですが、私はココアを効かせたスポンジを焼いて作っています。 味にメリハリがあって、色…

きんかんのタルトの季節

金柑がお店に並ぶ季節になりました。 毎年この季節だけ作る金柑のタルトのことは、何度かブログの記事にもしました。 さくさくのタルト生地とアーモンドのクリーム、金柑のシロップ煮を焼きこんだ風味豊かなものです。 もともと金柑のシロップ煮は私にはなじみ…

気取った煮豆と寒い朝のネコ

先週新年会で行ったお店で出た黒豆は、ふっくらして柔らかいものでした。 ちょっと違うのは、煮汁が透明だったことです。 透明なシロップに黒い豆が浸っているのは綺麗で、私には新鮮に映りました。 いかにもお料理屋さん、という感じです。 黒豆の黒い煮汁は喉…

アユと赤ちゃん

高速ハイハイを武器とする生後8ヶ月の赤ちゃん。 なぜかアユが大好き。 とにかく大変です。 アユが。 本当によくやっていると思います。 アユが。 いつまでも子ねこのようなアユが、絶妙な距離を保ちながら赤ん坊につき合っているなんて…とちょっと感心したので…

いつものお菓子とぐにゃぐにゃのアユ

今年も普段のお菓子の配達が始まりました。 「いちじくとクルミのタルト」と「サツマイモとあんこのパイ」です。 クリスマスに苺と生クリームに囲まれた華やかな仕事場も、いつもの素朴な焼き菓子が並んでいます。 昨日はまだ、さあ、さあ、と自分に気合いを入れて…

よそゆきの猫たち

元旦から出かけて、今日戻ってきました。 いつもお願いしているペットシッターの方から「もみじちゃんがいません!声はしますが場所がわかりません」と、いつになく「ええっ」というハプニングもありました。 なぜか2階の一室に閉じ込められていたもみじ。 シッ…