お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

ネコ

夏バテアユ?とビタミンCたっぷりの夏バテ解消ケーキ?

昨日のお菓子教室、生徒さんの着物姿にばかりに目が行ってしまいました。 作ったのは、チョコレートスポンジとキウイのケーキです。 生クリームの白と、ココアだけで作った(薄力粉を全く使わない)漆黒のしっとりスポンジに、黄色と緑のキウイをたくさんは…

クロワッサンが焼けるなんて!

昨日のお菓子教室でクロワッサンを焼きました。 パンは時間がかかるので、私が2時間前から生地を仕込み、教室スタートと同時にみんなで生地を伸ばし、成形し、仕上げの発酵を経て焼き上げました。 24個のクロワッサンを作るのに、大体4時間半くらいかか…

リキ丸のバースデーケーキ

今日はリキ丸の12歳の誕生日でした。 リキ丸のお母さんは、普通のお宅の飼い猫でした。 本当は7月7日の七夕が予定日だったリキ丸は、そこのお家でキラキラした名前を考えてもらっていたようでした。 が、夜中の12時をちょっと過ぎてから生まれてしまっ…

簡単な帯揚げの結び方(アユ付き)

昨日の帯揚げの結び方ですが、言葉でお伝えするのはなかなか難しいので、写真で見ていただこうと思います まず左右から持ってきて1回結びます。 結んだら上下にして、 上になった方を下ろしてきます。 端っこを2枚重ねてくるくる巻いてきて、 帯板と伊達締…

キュウリとそこら辺の草

今日は「子どもクッキング」の日でした。 近くの児童センターで20人の小学生とクッキーを焼きました。 前回に比べてみんな真っ黒でたくましくなっています。 27枚のクッキーを5人でどう分けるかで、各班大盛り上がり。 ほとんどが低学年なので「割り切…

赤いゼリー、青いゼリー、そしてアユの…

お菓子教室の新しいレシピがギリギリまで決まらないのはいつのもことですが、今回は何とか一週間前に形になりました。 涼し気なゼリーを作りたくて、ブルーキュラソーとグレナデンシロップを使いました。 青い方にはメロンとパイナップルを、赤い方はミック…

梅干し作りとアユともみじ

先日漬けた梅の酢が上がってきたので、赤しそを買ってきました。 塩でもんであくを出し、 梅酢を加えるときれいな色に変わります。 この瞬間が、実験みたいで好きです。が、いつもより色が薄い… 何かまずい予感がします。 この黄色い梅が、本当に赤く染まる…

お得な庭のネギとアユとリキ丸

スーパーで買った小ねぎの上半分を使って、残りは庭の片隅に植えました。 家庭菜園や、使いかけの野菜をコップの水に挿して再生させて楽しんだ話など、皆さんのブログを読んでいて「いいなあ」と思うこと、しばしばです。 毎年何かに挑戦しては、「ま、こん…

梅を買ってしまう

お店に南高梅(和歌山のブランド梅)がお買い得価格で売られていました。 袋からは桃のような、プラムのようないい香りが漂っています。このままでは食べられないなんて信じられないくらい、良い匂い。 何年か前に作った梅干しがまだあるにもかかわらず、つ…

アルパカのスポンジ

いつもの製菓材料店で見つけた「アルパカ」の食器洗い用のスポンジ。 私は珍しいと思ったのですが、どうでしょうか。 1個100円です。 意外と大きくて、長さは18cmもありますから、深いビンや長いグラスを洗うのに良さそうです。 誰かにあげてもウケるか…

もみじと新しい首輪

もみじの首輪が壊れてしまい、同じようなゴールド(もちろん色だけ)にこだわって探していましたが近場では見つからず、代わりに髪飾りのシュシュみたいなものを買ってきました。 女子力高めなもみじにはイメチェンも必要かもしれませんし(言い訳) 「比較…

ゼラチンはトラウマ

前にもご紹介したかもしれません。 今月のお菓子教室のメニューの一つ、「ココナツミルクのムース」です。 少しだけラム酒を効かせた真っ白なココナツミルクのムースは、まさに夏の味、というかトロピカルな味です。 上に飾るのは3色とも同じレモン味のゼリ…

夏でも食べたいチョコレート

暑い季節だからと言って、みんながみんなアイスクリームやゼリーみたいな冷たいお菓子ばかりを好むかというと、そうではありません。 チョコレートクリームのタルトはこの季節でもよく出ると、配達先のお店から言われました。 チョコレートが大好きな人は、…

おそろいの二人

まったく同じ格好のアユとリキ丸。 なんとなく真面目ですが、そうではありません。 まず食卓テーブルに乗っているところがお行儀が悪いです。 そして、関心のないふりを装いつつ、夕食の焼き魚を狙っているのでした。 今日は大きな塩マスをカレー味にソテー…

冷蔵庫に小さなケーキ

昨日とは全く違う、小さな直径12cmのバースデーケーキです。 飲み会の〆にサプライズ、ということで女子4人分の可愛いケーキです。 直径12cmで4人。昨日の20cm四方の大きなケーキは6人で食べると聞きました。 一人分のケーキってどのくらいなのか…人それぞれ…

エラそうなアユとアメリカンチェリーのチーズケーキ

今日のお菓子教室のメニューは、アメリカンチェリーのレアチーズケーキでした。 アメリカンチェリーの種を取って少しの砂糖とキルシュを加えて火を通すと、真っ赤なシロップ煮ができます。 それをたっぷり加えたほのかにピンク色のレアチーズケーキ。 とても…

白い花だけのアレンジメント

昨日は父の三回忌でした。 今回は最初から最後まで全部一人で段取りしたので、無事に終わって本当にほっとしました。 お寺さんのことで知らなかったこともたくさんあり、勉強になったと思いつつも次回は七回忌、すべてを忘れていそうです。 会食したホテルの…

一人で食べるバースデーケーキ

毎年自分のための小さなバースデーケーキを注文してくださる男性がいらっしゃいます。 今回ふと、将来もし自分が一人暮らしのおばあさんになったとして、自分の誕生日を一人で楽しくお祝いできるかなあ、と考えました。 はあー、もうこんな歳? 何もおめでたく…

兄妹喧嘩のようなアユとリキ丸

リキ丸とアユは、とにかく蛇口から水を飲むのが大好きです。 毎回順番をめぐってひと悶着あるので、私は朝からちょっと疲れます。 上の写真は、主導権を握ったリキ丸と、それが不満のアピール攻撃でじっとりしているアユ。 「僕は水が好き。アユはお湯でしょ?先に…

涙のクロワッサン

昨日も早起きしてクロワッサンの試作をしていました。 いろいろ考えて生地の砂糖を減らし、作り方も変え、焼き時間を短くした結果、前回とは比べ物にならないほどの出来映えで、朝から自画自賛&狂喜乱舞のハイテンションです。 ふと窓の外に、お隣の奥さんが玄関…

難しそうでそうでもないリンツァートルテ

リンツァートルテはオーストリアのリンツ地方の銘菓です。 バターやアーモンドパウダーたっぷりの、少しスパイシーな生地でラズベリージャムをはさんだ、素朴ながら味わい深いお菓子です。 「…」 生徒さんたちのテンションが今一つなのは、見た目が素朴だからで…

ジムで席替え

昨日、ヒップホップのレッスンを受けようとスポーツジムのスタジオで待っていました。 こうして体育座りで先生を待っていると、何だか小学生にもどって体育館の床に座っているみたい、などと大人げないことを考えてニヤニヤしていたら、突然前にいたおじさんが…

ゼリーの季節と眠いアユ

来月のお菓子教室のメニューはどうしよう…なにか涼しげなものがいいかな…綺麗な色のゼリーなんていいな…と、今日の午後は来週の教室のための計量をしながら、頭は頭で色々考えていたのですが、結局どっちつかずの要領の悪いことになってしまいました。 砂糖を計…

待ち構えるお巡りさんと待ち伏せするアユ

午後にバースデーケーキの配達がありました。 商店街の美容院の前で待ち合わせです。 その商店街は駐停車禁止、と言ってもそんなこと無理だから、みんな無視して荷物を積んだり下ろしたりしているのですが、前方に見えるお客さんはなぜか喪服、しかもこわばった表…

直径10cmのチョコクッキー

今日のお菓子教室では、大きなアメリカンクッキーを作りました。 スタバで売っているようなクッキーです。 小麦粉と同量のチョコレートが入っているのですから、おいしいに決まっています。 きび砂糖と重曹を使っているところが古き良きアメリカンスタイル。 長…

アユと枕

私と美容師さん(30代男性)の会話。 「最近首懲りひどいです」 「私も!」 「寒暖の差も原因だと思うんです」 「私も!」 「でも一番は立ちっぱなしで下を向いているからでしょうね。仕事上しょうがないけど」 「私も!」 「あとは枕も大事らしいですよ」 「わ…

マタタビとアユのイジワル

今日の午後、この時期毎年マタタビの葉っぱを持ってきてくれる方が、「みんな起きてる~?」と言いながらやって来ました。 さっそくアユが独り占めです。 そこにリキ丸が起きてきて合流したのですが、アユが意地悪してリキ丸を追い返そうとしました。 目に余る悪…

荒磯文様とすねたリキ丸

昨日のこどもの日に、荒磯(あらいそ、またはありそ)文様の帯を締めました。 帯締めがちょっとバラけていてあまり良くない写真ですが、これは滝をのぼる力強い鯉を表したもので、おめでたい文様とされています。もともと室町時代に中国から伝わった文様だそうで…

レッドなケーキ、ダークな猫

今日のお菓子教室は「レッドベルベットケーキ」を作りました。 アメリカのトラディショナルケーキです。 色は真っ赤だけれど味はチョコレートのアメリカンケーキ生地に、クリームチーズフロスティング(ねっとりしたチーズクリーム)を合わせたケーキ。 昔ながら…

花を食べるアユとカラフルなマカロン

以前からアユは、花束の中のカスミソウだけを攻撃しつつかじっていましたから、カスミソウには何かあるとは思っていましたが、マーガレットと撫子を玄関に飾っても、 パーっと走っていって寄り添うようにしていてかわいい…と思った瞬間、 「ガブー」 今回のター…