お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

その他

娘の修了式で失敗!

昨日は娘の修了式(卒業式)でした。 大学院の修了式なんて、いったい何人の父兄が参加するのかなあ…と全く乗り気のしない私に、「いいから行ってきなさい!」と母が何度も言うので、じゃあ…まあ…という感じで重い腰を上げたのでした。 一人でさっさと付け下…

春らしさいっぱいのお菓子教室

今日はなんと午前も午後もお菓子教室がありました。 今回は材料の種類が多くて、準備をしながら(絶対なにか間違う自信がある!)などと思ってしまう… 一番上の写真は「お花のダコワーズ」 ふつうは楕円型に作るダコワーズを、桃か梅か桜のように絞りだして…

たいへんな一日といい感じのリキ丸

今日は配達2か所、お菓子教室のための準備、親戚への手土産のケーキなどあわただしい中、右手の手術で入院していた母の退院で、病院と施設を往復もあって、よくわからないくらいバタバタな日でした。 母の手術は2泊3日の簡単なもので、なんの心配もなく退院…

リキ丸はヒデヨシ

かごの中のもみじの体勢がなんだか不自然で、「?」と後ろに回ってみたら、 なんと「オレ様」な感じのリキ丸が… まるで「アタゴール」のヒデヨシみたいです。というかそっくり。 アタゴオルは猫の森 1 (MFコミックス フラッパーシリーズ) 作者: ますむら・ひ…

オレンジチョコレートシフォンケーキと5年前のお雛様

今日のお菓子教室で作った「オレンジチョコレートシフォンケーキ」です。 一見普通のチョコレートケーキに見えますが、オレンジジュースやオレンジピール、隠し味のココナツパウダーが入っていて、ちょっとおしゃれな味のふんわりしっとりしたシフォンケーキ…

椅子に来る猫

私は「身体がかあーッと熱くなるほど腹が立つ」ことはほとんどありませんが、今日はその珍しい経験をしました。 ああ、思い出したくないのに思い出してしまう。 ふと気がつくと手を止めてぼんやりと考えてしまう。 仕方がない、こんな日もある、と思いながら…

忘れものだらけなのはアユのせいじゃない

配達の帰りにスポーツジムに行こうと準備していたバッグ。 さっそく入り込んで気取っているアユが面白く、写真を撮ったりしているうちに時間が迫ってきてあわてて仕事に戻りました。 「アユも楽しそうだし、すぐにバッグから出すのもかわいそうかな、ジムの…

表面を飾る小さなお菓子と謎の小包③

おととい、消費者センターから電話がありました。 2週間前に、全く心当たりのない中国からの郵便小包を受け取って、気持ちが悪いので相談に行ったときに担当してくれた方からでした。 「もう2週間ですね。法的には今日以降どんな請求が来ても無効なので、送…

崩れかけたシブースト

シブーストというのは、凝った構成のフランス菓子です。 一番下は焼いたパイ生地、その上に濃厚プリンのようなアパレイユ(ソースのようなもの)と煮リンゴを載せて再び焼き、さらにその上にはシブーストクリームというカスタードクリーム+イタリアンメレン…

一日遅れの恵方巻

昨日、一日遅れで恵方巻を作りました。 巻きずしを作ったのは、本当に久しぶりです。 もう20年は経っていると思います。 巻きすもどこかにいってしまったので、スーパーで買いました。 しいたけとかんぴょうは大量に煮て、残りはひな祭りのちらし寿司用に冷…

謎の小包②

おととい、全く覚えのない中国からの郵便小包を受け取ったわけですが、id:maxa55さんから「参考になるかも」と同じような事例が載っているサイトを教えていただき、早速見てみました。ありがとうございます! それは「消費生活支援センター」のページでした…

謎の小包

今日、中国からの郵便小包を受け取りました。 「…?」 全く心当たりがありません。 表には中国語で会社の名前と住所、日本語で私の住所が書いてあるラベルが貼ってあるだけです。 ちょっと、いえ大分気持ち悪く思えて、開けようかどうしようか散々迷いました…

変わらないお菓子と姿勢の良い人

20年近く前に買ったこのお菓子の本は、有名シェフやお菓子の先生ではなく、一軒の、手作りお菓子が評判の喫茶店の店主によって書かれたものです。 丁寧なレシピのほかに、ケーキやお店にまつわる小さな文章も素敵で、当時の私は非常に感激し、手紙まで出して…

初場所、初日、初着物

いよいよ始まった大相撲。 運のよいことに初日の枡席が取れましたので、張り切って行って参りました。 自分なりに新春っぽく装ったつもりの和服です。明るい感じを心がけてみました。 友人は黒と茶色の玄人っぽい訪問着。娘は赤地の更紗文様と全く違うので面…

クリームはたっぷり

今年最初のお菓子教室は補講、というか欠席して作れなかったメニューを学びたい、というリクエストにお応えするものでした。 「レモンメレンゲパイ」と「ソフトクッキー」を作りました。 レモンメレンゲパイは以前もご紹介しているので今回はご説明いたしま…

重りのついた靴

まず昨日の「腸のマッサージ」の結果をご報告、おかげさまで朝はスッキリでした。 実は帰りがけに、「今日はなるべくたくさん水分を摂ってくださいね。白湯がおすすめです」と言われたことをすっかり忘れてしまい、水分をあまり摂っていなくても効果があるの…

腸をマッサージ?

今日から仕事開始です。 スケジュールを確認していたら、午後から1時間だけリンパマッサージの予約を入れていました。 予約したのは去年の10月。 その頃の私は「きっと正月明けは疲れていることでしょう。本格的に仕事に入る前にちょっとリラックスしましょ…

新年早々…

明けましておめでとうございます。 新年早々ひどい風邪を引いてしまい、まだ家から出られません。 病院に行くのが早すぎて陰性と出たけれど、症状はインフルエンザということで、念のためインフルの薬も飲み、熱はおさまりました。 クリスマスから年末にかけ…

焼きドーナツのリースとリンゴのクリスマス

いろいろ悩んでいた児童センターのクリスマス会のお菓子でしたが、結局最初に考えた「焼きドーナツのリース」にしました。 67個という数が私にとってはとても分かりにくくて、何度も指をさしながら数えなおしました。 何かあったら困ると思い70個作りました…

山ガールのスカートとエプロン

女子に登山が人気になり、いわゆる「山ガール」があふれるようになったきっかけの一つに「登山用のかわいくて機能的なスカート」があります。 先日、ラジオ番組にそのスカートを広めた「元祖山ガール」的な方が出演していて、リバーシブル仕立てで暖かく、使…

ゆずらないもみじ

本当に珍しいことに、引っ込み思案で何でもリキ丸やアユに譲ってしまうもみじが、今朝からタンスの上のかご(みんなに大人気の)に入って、誰にも譲らず夕方まで過ごしていました。 そして驚いたことにリキ丸もアユも「どいて!」とちょっかいをかけることも…

「子どもは何歳?」

昨日は子どもクッキングの日でした。 始まる前の子どもたちの会話が可笑しくて、つい笑ってしまいました。 「えっ?もう8さいになったんだー、早いよねー」 そう言って感心したように2年生を眺めているのは9歳の3年生だったから。 親戚のおばさんが姪っ子の…

チョコブリとリキ丸

娘が大学の研究室からものすごく美味しそうなブリの半身をもらってきました。 なんでも血合いのわずかな部分だけを分析すればいいそうで、その他の部分はみんなで山分けだそう。 愛媛の企業から送られてきたブリの名は「チョコブリ」 私は知りませんでしたが…

週末のお菓子

週末はバースデーケーキやお祝いのお菓子を頼まれることが多いので、今日も朝から仕事場におりました。 でも、外は穏やかな秋空が広がっていて、窓から差し込む光のなんと美しいことでしょう。 この夏から山ガール(ガールはおこがましい)になった私ですが…

冬支度 人も猫も

とうとう11月、早いですね。 昨日、道を歩いていたら、ダウンジャケットを着たおじさんの脇を半そで体操着の小学生たちが走り抜けていきました。 お菓子教室の生徒さんたちも「何着たらいいかわからないです」と、厚手のコートの方も、セーターにマフラーだ…

お赤飯みたいなタコ飯

昨日お隣の奥さんから大きなタコをいただきました。 昨夜はお刺身で食べて、まだまだあるので「今夜はタコ飯にしようか」「いいね」なんて言って、実は作ったことがないのでした。 せっかくのおいしいタコだからあれこれ加えず、タコの旨味がこれでもか、み…

リンゴのババロアとにんじんのかき揚げ

今日のお菓子教室では、旬の紅玉を使ったババロアを作りました。 リンゴの風味を最大に生かしたいと、煮リンゴ、すりおろしりんご、リンゴジュースを使った、凝った構成にしています。が、家庭のお菓子としてはちょっと凝りすぎかも、と今日はそんなふうに思…

ニンジンの葉っぱとアユ

庭に植えた野菜も、オクラとナス、ミニトマト以外はそろそろ終わりのようです。 寂しいなあ…と思っていたら「あら?」 正式名称を忘れてしまったのですが、ミニキャロットとかそういう感じの、小さめのニンジンの種をまいていたことを忘れていました。 他の…

再び山ガールになってカップヌードルを食べる

8月に娘と登山してから山の面白さに目覚め、この間の連休にまた行ってきました。 今度は前より標高も高い山に挑戦。一日がかりです。 前回、頂上でお昼になりましたが、頂上にいる私たち以外の人全員がカップ麺を食べているのに驚きました。 いまや登山の常…

着物は着られなかったけれど

昨日は念願の大相撲に行ってきました。 国技館は3回目でしたが、前回2回は着物で参戦。 自分の気分も高揚するし、外国人観光客の方々に「写真をご一緒に」と言われたり、着物を着ていることで楽しさ倍増なのですが、なにしろ土砂降り。泣く泣く諦めました。 …