お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

お菓子

キケンなブルーベリーケーキ

アメリカのケーキを紹介しているお菓子の本の中に、「ブルーベリーバックルケーキ」というものがありました。 バックルとは? 読み進めると、「あまりのおいしさについもう一切れ、また一切れと、ベルトのバックルがちぎれるほど食べてしまう」ところからの…

自家製のハチミツとヒヨドリの巣

お菓子教室の生徒さんに「良かったら…」といただいたのは、なんと自家製(という表現が正しいのかわかりませんが)のハチミツでした。 ご主人が趣味で巣箱を一つ裏庭に置いたのだそうです。 香りも味も、濃厚というかこっくりとした感じでおいしくてびっくり…

夏バテアユ?とビタミンCたっぷりの夏バテ解消ケーキ?

昨日のお菓子教室、生徒さんの着物姿にばかりに目が行ってしまいました。 作ったのは、チョコレートスポンジとキウイのケーキです。 生クリームの白と、ココアだけで作った(薄力粉を全く使わない)漆黒のしっとりスポンジに、黄色と緑のキウイをたくさんは…

若い人の「貝の口結び」と真っ青なソフトクリーム

今日の大相撲中継を見ていたら、幕内力士の浴衣特集ということで、お相撲さんの着ている浴衣をリアルタイムで見せてくれました。 着物好きの私にはとても楽しく、興味深かったです。 自分の名入りや、地元のゆるキャラ柄、先輩にもらった大事なもの、友人の…

私には広すぎる調理室

今日も子どもクッキングがありました。 少子化で生徒数が減った小学校の空き部屋を、コミュニティースペースに改装したところが今日の会場です。 子どもたちにしたら学童保育のプレイルームも学校と陸続き(?)だし、調理室も2階から3階に上がるだけなので…

リキ丸のバースデーケーキ

今日はリキ丸の12歳の誕生日でした。 リキ丸のお母さんは、普通のお宅の飼い猫でした。 本当は7月7日の七夕が予定日だったリキ丸は、そこのお家でキラキラした名前を考えてもらっていたようでした。 が、夜中の12時をちょっと過ぎてから生まれてしまっ…

オレンジのサバランとブルーベリーのマフィン(爆発)

今日のお菓子教室は「オレンジのサバラン」と「ブルーベリーのマフィン」でした。 サバランは、ラム酒やキルシュたっぷりのシロップに浸したパン生地のお菓子です。 私はこのクラシカルな昭和な感じのお菓子が時々無性に食べたくなります。 そんな私のことは…

赤いゼリー、青いゼリー、そしてアユの…

お菓子教室の新しいレシピがギリギリまで決まらないのはいつのもことですが、今回は何とか一週間前に形になりました。 涼し気なゼリーを作りたくて、ブルーキュラソーとグレナデンシロップを使いました。 青い方にはメロンとパイナップルを、赤い方はミック…

張り付いたままのナン

今日のお菓子教室は「バナナマフィン」と「ナン」でした。 直火焼きの平たいパン、ナンは1回の発酵で手軽に作れます。 フライパンに油は敷かず、そのままじっくり焼き上げます。オーブンで焼くのとはまた違った香ばしさがおいしいです。 いつもなら、火が通…

ゼラチンはトラウマ

前にもご紹介したかもしれません。 今月のお菓子教室のメニューの一つ、「ココナツミルクのムース」です。 少しだけラム酒を効かせた真っ白なココナツミルクのムースは、まさに夏の味、というかトロピカルな味です。 上に飾るのは3色とも同じレモン味のゼリ…

夏でも食べたいチョコレート

暑い季節だからと言って、みんながみんなアイスクリームやゼリーみたいな冷たいお菓子ばかりを好むかというと、そうではありません。 チョコレートクリームのタルトはこの季節でもよく出ると、配達先のお店から言われました。 チョコレートが大好きな人は、…

冷蔵庫に小さなケーキ

昨日とは全く違う、小さな直径12cmのバースデーケーキです。 飲み会の〆にサプライズ、ということで女子4人分の可愛いケーキです。 直径12cmで4人。昨日の20cm四方の大きなケーキは6人で食べると聞きました。 一人分のケーキってどのくらいなのか…人それぞれ…

冷蔵庫に大きなケーキ

仕事場の冷蔵庫を開けたら、大きな四角い苺のケーキがドーン! 「おー」 自分で入れたくせに、開閉するたびに思わず声が出ます。 これがうちのケーキだったらいいのになあ、などとおめでたいことを考えたりして。 スライスした苺、苺のシロップ、苺のゼリー…

エラそうなアユとアメリカンチェリーのチーズケーキ

今日のお菓子教室のメニューは、アメリカンチェリーのレアチーズケーキでした。 アメリカンチェリーの種を取って少しの砂糖とキルシュを加えて火を通すと、真っ赤なシロップ煮ができます。 それをたっぷり加えたほのかにピンク色のレアチーズケーキ。 とても…

これでもかと絞り出したクリームのケーキ

今日のお菓子教室は、レモン風味のシフォンケーキにたっぷりのクリームをくるくると絞り出した、ボリュームたっぷりのケーキでした。 6月はジューンブライドからの連想で、大きくて華やかなケーキをメニューに入れたくなります。 クリームの量も普段の1.5倍。中…

一人で食べるバースデーケーキ

毎年自分のための小さなバースデーケーキを注文してくださる男性がいらっしゃいます。 今回ふと、将来もし自分が一人暮らしのおばあさんになったとして、自分の誕生日を一人で楽しくお祝いできるかなあ、と考えました。 はあー、もうこんな歳? 何もおめでたく…

兄妹喧嘩のようなアユとリキ丸

リキ丸とアユは、とにかく蛇口から水を飲むのが大好きです。 毎回順番をめぐってひと悶着あるので、私は朝からちょっと疲れます。 上の写真は、主導権を握ったリキ丸と、それが不満のアピール攻撃でじっとりしているアユ。 「僕は水が好き。アユはお湯でしょ?先に…

ウドの天ぷらとおめでたいケーキ

5月は私にとって1年分の天ぷらを揚げている、「天ぷら月間」です。 なぜなら、山菜採りが大好きなお隣さんに毎週毎週山ウドをたくさんいただくから。 ずいぶん遠出をして採っている様子なのですが、いつか弟子入りして私も採ってみたいと半ば本気で思っています…

難しそうでそうでもないリンツァートルテ

リンツァートルテはオーストリアのリンツ地方の銘菓です。 バターやアーモンドパウダーたっぷりの、少しスパイシーな生地でラズベリージャムをはさんだ、素朴ながら味わい深いお菓子です。 「…」 生徒さんたちのテンションが今一つなのは、見た目が素朴だからで…

横アーチサポーターとメロンのショートケーキ

唐突ですが、皆さんは床に落ちている靴下を足の指を使って拾えますか? 私は拾えません。正確に言うと、ものすごく時間をかけて努力すれば拾えることもあります。 ささっとできるのは器用な人だと思っていたので、うちは、私以外の家族は皆器用なんだと思ってい…

ゼリーの季節と眠いアユ

来月のお菓子教室のメニューはどうしよう…なにか涼しげなものがいいかな…綺麗な色のゼリーなんていいな…と、今日の午後は来週の教室のための計量をしながら、頭は頭で色々考えていたのですが、結局どっちつかずの要領の悪いことになってしまいました。 砂糖を計…

よくふくらんだシフォンケーキと謎の山野草

今日のお菓子教室ではクランベリーのシフォンケーキを焼きました。 クランベリーはアメリカやカナダではポピュラーで、ジャムやジュース、ソースなどに加工されて身近に親しまれています。 日本でも、スーパーのドライフルーツコーナーに必ずあります。 赤くてか…

ドーナツの幸せ

おみやげにもらった6個のドーナツ。 このブログで何度も何度も書いてしまうのですが、ドーナツは買ってももらっても自分で作っても、私の中の「平和で幸せなお菓子」ナンバーワンなのです。 今思い出しましたが、母がホットケーキミックスで作ってくれたおや…

直径10cmのチョコクッキー

今日のお菓子教室では、大きなアメリカンクッキーを作りました。 スタバで売っているようなクッキーです。 小麦粉と同量のチョコレートが入っているのですから、おいしいに決まっています。 きび砂糖と重曹を使っているところが古き良きアメリカンスタイル。 長…

ヨーグルト入りのバナナケーキと「おらおらで…」

母が、芥川賞受賞作品の「おらおらでひとりいぐも」が読みたいと言いました。 「そんなに難解じゃないし、暗くもないよ」と知人に言われ、じゃあ入院中の気分転換になるかも、と母の病院に持っていったのですが… 退院した母に「面白かった?」と聞くと、無表情に…

今年初のメロンのケーキ

カズキとアキラは誕生日こそ4日と5日、1日違いで近いのですが、年齢も離れているし、出身も違います。 そんな二人が出会ったのは1年前。 ほどなくして一緒に生活するようになりました。 温和なカズキに対し、明るいけれど、自分の気持ちをうまく伝えることがで…

レッドなケーキ、ダークな猫

今日のお菓子教室は「レッドベルベットケーキ」を作りました。 アメリカのトラディショナルケーキです。 色は真っ赤だけれど味はチョコレートのアメリカンケーキ生地に、クリームチーズフロスティング(ねっとりしたチーズクリーム)を合わせたケーキ。 昔ながら…

花を食べるアユとカラフルなマカロン

以前からアユは、花束の中のカスミソウだけを攻撃しつつかじっていましたから、カスミソウには何かあるとは思っていましたが、マーガレットと撫子を玄関に飾っても、 パーっと走っていって寄り添うようにしていてかわいい…と思った瞬間、 「ガブー」 今回のター…

気合いの入ったクロカンブッシュ

昨日のお菓子教室では、またクロカンブッシュを作りました。 実は今日29日がお嬢さんの結婚式、という方がいらっしゃいました。 もともとクロカンブッシュはフランスのウエディングケーキ、せっかくだから控え室にでも持っていきたいということで、教える私も自…

はじめての生徒さんと、暴れた後のかわいい顔

新しい生徒さんが3人いらっしゃいました。 少し緊張しているのがわかります。 大丈夫、ヘラヘラしていますが私も緊張していますから。 メニューは「苺のロールケーキ」と「オートミールクッキー」です。 どちらもシンプルなお菓子ですが、スポンジ作りはコツが…