お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

産婦人科にて

今日はもう、なん10年ぶりかわからないほど久しぶりに産婦人科に行ってきました。

混んでいたので後ろの隅っこに座ってキョロキョロしていたら、ほとんど若い人なのに、妊婦さんは一人もいません。

 

ああ、やっぱり少子化なんだなあ、それも急速に進んでいる…とちょっとさびしい気持ちになりました。

が、あれ?

その若い人たちが横を向いたとたん、お腹がポッコリ!

なんと皆妊婦さんではないですか!?

 

ほとんどの人が本当に普通の格好をしていたので、気がつかなかったのです。

今、いわゆるマタニティウェアみたいな服は誰も着ていないのですね…

いったいいつからそうなったの?

まるで浦島太郎のような私。

 

スキニーパンツに薄手のダウンベストの人、ミニスカートに長めのブラウスの人、着ているものはそれぞれですが後ろから見たら、妊婦さんとは思えません。

 

しかも私の頃は「全体的に太った」妊婦さんが多かったような気がするのですが、今の人はお腹以外はスタイルが良い人が多いのです。

 

あまりの衝撃に、帰りに立ち寄った呉服屋さんの、同年輩の女将さんに話したら、「だって今の妊婦さんって3キロまでしか太っちゃいけないんでしょ」

ええーまさかそれはないんじゃ…?

本当ですか?

 


f:id:rikimarutti:20170411210554j:image

お母さん、時代についていくのも大変ですねえ。


f:id:rikimarutti:20170411210637j:image

まあちょっとお茶でも飲んで落ち着いて…じゃなくて、早く下りてきてください!今日は寒いからドア閉めますよ。

 

お利口な2匹と桜とドライクランベリーのフィナンシェ

土曜日は着物を着て出かけたのですが、


f:id:rikimarutti:20170410173123j:image

 

いつもなら、着物を着るのもしまうのも全力で邪魔しに来る暴れん坊のアユとリキ丸が、気持ち悪いくらいいい子でした。


f:id:rikimarutti:20170410173350j:image

そばに来るのですが、じっとして動きません。

 


f:id:rikimarutti:20170410173813j:image

せわしい動きを見ても、


f:id:rikimarutti:20170410173851j:image

 大好きなヒラヒラの布を見ても、じっとしています、かなり近い距離で。

 

何かの修行なのでしょうか?

すぐそばで、目を見開いてじーっとされるのも何だかちょっと…こわい。

 

そんな時は、小さなお菓子とお茶でひと休みです。


f:id:rikimarutti:20170410174540j:image

今日のお菓子教室で作ったのは、桜の花の塩漬けとドライクランベリーが入ったフィナンシェです。

甘い生地に塩気と酸味が効いています。

桜の薄いピンク、クランベリーの濃いピンクが春らしくてキレイな小さいお菓子。

ほっとするお菓子です。

母のバースデーケーキ


f:id:rikimarutti:20170408214614j:image

明日は母の誕生日。

今夜お祝いをすることになり、バースデーケーキはもちろん私の担当です。

 

正方形のこのケーキは「オペラ」の応用です。

オペラはもともとアーモンド風味のスポンジ、ガナッシュ、コーヒーバタークリームの組み合わせですが、ガナッシュをホワイトチョコで作り、バタークリームはラズベリーにしました。

食用金箔をパラパラパラと振りかけて、できあがりです。

 

「なんだろう、この香り」 娘が言いました。

それはキルシュというさくらんぼのお酒の風味なのです。

いつもはラム酒やブランデーを使うことが多いのですが、このケーキにはキルシュがよく合うような気がします。

春っぽいという感じもします。

 

みんながパクパク食べながら、「あれ?お母さんは食べないの?」

 

実はきれいな正方形にするために四方を切り落としたのですが、それを味見と称して全部食べてしまったのでした。

けっこう大量だった…

そのせいでケーキのサイズが少し小さくなってしまったことは内緒です。

 


f:id:rikimarutti:20170408220702j:image

もう一つ、クリームが苦手な方の、焼き菓子のバースデーケーキです。

バースデーケーキと言えるのかどうかわからないけれど、こちらも食用金箔できらきらにしてみました。

どうか喜んでもらえますように!

夕方の窓際のネコたち

夕方、部屋に熱がこもったので網戸の付いた窓を開けました。

そのとたん、さーっと集まってきたリキ丸、もみじ、そしてアユ。

 

何もなくても、誰も来なくても、外の空気の匂いに惹き付けられるのでしょうか、網戸にぴったりはりついています。

 


f:id:rikimarutti:20170407211136j:image

右を見て


f:id:rikimarutti:20170407211159j:image

左も確認

 

f:id:rikimarutti:20170407211222j:image

ちょっとよそ見をすると

 


f:id:rikimarutti:20170407211256j:image

アユパーンチ!!

 


f:id:rikimarutti:20170407211325j:image

「えっ!? 何で?」

 

 

 

 

まばたきできないお菓子と目ぢからが強いリキ丸


f:id:rikimarutti:20170406201130j:image

今日のお菓子教室は、桜のロールケーキでした。

クッキー生地で桜の花びらを絞り出した上にスポンジ生地を流して焼くと、かわいい桜プリントのスポンジシートが出来上がります。

初めての作業にみんな緊張ぎみ。

緊張すると呼吸を忘れる人が多いので(!!!)「頼むから息してね」などと声をかけていたのですが、

「せ、先生、呼吸はできるけど、目が…」

「えっ!目?」

「何か、まばたきできない感じです。吸い寄せられるし、あと手が震えるのは仕方ないですか…?」

「手か目、どっちか一つだと楽なのに、ですよね?」などと全くフォローになっていない私。

 


f:id:rikimarutti:20170406202802j:image

焼き上がりました。

可愛くできて良かったです。

このスポンジで、生クリームと桜餡、苺を巻いたロールケーキはこの季節によく合います。
このまま入学式のお祝いにする生徒さんもいました。

喜んでもらえますように!

 

人間みたいなまばたきをしない猫ですが、それにしても目ぢからが強い最近のリキ丸。


f:id:rikimarutti:20170406203710j:image

なぜか古新聞回収袋に入り込んだリキ丸。

勝手に入っておきながら、出して!と主張。

自分で出られるくせに…

f:id:rikimarutti:20170406203909j:image

 


f:id:rikimarutti:20170406203938j:image

自分で玄関に出ていって、戻ろうと思ったら戸がしまっていた…今朝のことです


f:id:rikimarutti:20170406204132j:image

最大の目ぢからで「入れて!」とアピール。

アユにはなかなか伝わらないようです…

 

 春ボケ


f:id:rikimarutti:20170405182819j:image

今日は5月並みの陽気だというのに、いちじくとくるみのタルトを配達してしまいました。

こんな日はオレンジやレモンクリームなんかが良かった…

…売れ残るな…いや意外と好きな人はいつでも食べたいかも…(期待)

そもそも何でいちじくとくるみにしたんだっけ…

 

 


f:id:rikimarutti:20170405184015j:image

女の子なのに仁王立ちになって用を足すアユ。

時々あります。

間違っているアユ。

猫として?女子として?

変わり種あんぱんとアユの背中

お菓子教室で使う白餡が少し余るので、あんぱんをつくってみました。

白餡はめったに使うことはないのですが、いろいろ応用が効きそうな気がして楽しくなってきました。

そして出来たのがこれです。

 


f:id:rikimarutti:20170404205049j:image

2種類作ってみました。

何あんと何あんでしょうか?

 

 

答え

ピーナツバター餡とオレンジ餡です。

 

「はえー!?、おいしいの?」と思われるかもしれませんが、おいしいのです!

こんなアレンジ、さすがだなあ、と自画自賛していましたが、きっと同じことを考えている人はたくさんいるんだろうなあ…

 

それぞれ白餡の3割のピーナツバター、オレンジママレードを加えただけですが、本当に風味豊かな餡ができました。

 

家族にも好評だったので、また別の風味の餡も考えてみようと思います。

 


f:id:rikimarutti:20170404211545j:image

アユの後ろ姿。

猫はやっぱり猫背。

でもかわいい…