読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

どのお皿も同じ?

おかげさまで、1週間続いたリキ丸、もみじ、アユの病気は、今日アユがご飯を食べられるようになって、やっと終わりになりました。

 

普通にご飯を食べているだけで、しみじみ嬉しくなります。


f:id:rikimarutti:20170209202538j:image

たとえそれがリキ丸のお皿でも…


f:id:rikimarutti:20170209202617j:image

 

 

たとえリキ丸がアユのご飯を食べていても


f:id:rikimarutti:20170209202730j:image

 

そしてもみじがリキ丸のご飯を食べていても…


f:id:rikimarutti:20170209203051j:image

 


f:id:rikimarutti:20170209203152j:image

じゃあ、わざわざ3匹のお皿を分ける必要ないんじゃ…

 

今回の「3人同時病気」で気づいたことは、これでした。

 

 


f:id:rikimarutti:20170209203537j:image

今日の配達のさつまいもとあんこの、この時期においしいパイ。

私もこんなほっとするようなお菓子を食べて、3匹の快気祝いをしたい…とか言いつつ、さっき家族3人でビールの缶を開けたのでした。

 

 

 

 

 

チョコレートオールドファッションとネコの鼻息


f:id:rikimarutti:20170208204723j:image
f:id:rikimarutti:20170208204732j:image

今日のお菓子教室では、チョコレートオールドファッションを作りました。

レモンとイチゴのコーティングチョコでちょっとオトメに仕上げました。

ちょっとクッキーに似た固めの生地を揚げると、あのオールドファッションの食感が出来上がります。

「わー、サックリ」と喜んでもらえて私も嬉しくなりました。

 

何回も言っている気もしますが、ドーナツは作るのも、食べるのも、平和な食べ物な気がします。

 

疲れた時は、コーヒー&ドーナツ!

 

そういう私も、アユが思わしくないのでやや疲れています。

夕べ無理やり薬を飲ませたもみじはずいぶん良くなりました。

やっぱり今回は薬は大事だったようです。

 

それでもかつおぶしの香りにつられてヨロヨロと出てきたアユ。

お皿の前でじっとしていて、後ろからは食べているのかどうか、よくわかりません。

体を低くしてよく見ると、かつおぶしが動いている…食べている!と喜んでいたのもつかの間、もっとよく見るとアユの鼻息でかつおぶしが舞い上がっていただけでした。

 


f:id:rikimarutti:20170208212436j:image

いつも一番元気で張り切っているアユ。

先ほどから甘えた声を出すようになりました。

暗い部屋の隅から出てきて、みんなと一緒にいます。

 

少しずつですが、良くなっているようです。

 

 

 

 

 

あんずのタルトと薬を飲む人、飲まない人


f:id:rikimarutti:20170207210847j:image

今日のお菓子教室では、昨日の杏をシロップ煮にしてタルトにしました。

アーモンドパウダー、バター、砂糖、卵、ラム酒で作ったおいしいアーモンドクリームと、できるだけたくさんの杏を焼き込みました。

表面をあんずジャムでコーティングすると、ぐっとおいしそうになります。

 

ドライ杏は生に比べてミネラルや食物繊維、ビタミンが6倍くらい増えるそうなので「美人タルト」ですね。

写真はありませんが、もうひとつのメニューは「チョコチップクッキー」

タルトの生地とほぼ同じ配合のものに、チョコチップをたくさん入れて小さく焼くと、おいしいクッキーになるのです。

同じ生地からタルトもクッキーもできたりするのも、お菓子作りの面白いところです。

 

 

我が家の全員具合が悪かった3匹のネコですが、リキ丸はずいぶんよくなってきました。

もみじとアユはまだまだ。特にアユは水も受けつけないので今日も点滴をしました。

 

考えてみると、リキ丸は素直に薬を飲みましたが、もみじは危険(薬)を察知して、どこかに潜んで出てきません。

アユは飲ませたとたんに吐き出して、ギャーギャー怒りまくり…

この症状の差は、薬を飲んだかどうかの差ではないかと思うのですが、どうでしょう。

先ほどもみじを発見し、捕獲して二人がかりで何とか薬を飲ませました。

明日良くなっていることを祈っています。


f:id:rikimarutti:20170207214255j:image

「病院イヤなの…薬もキライ…」

 

そんなこと言ってる場合じゃないでしょっ!

 

 

俺の話を聞け

税務署に行きました。

申告前のこの時期、ものすごい混みようで、特設待合室のような所に通されました。

簡単な仕切りしかないので、受付での会話が全部聞こえてきます。

 

「ちょっと俺の考えをを聞いてほしいのよ」

「はい、どのような?」

「扶養控除について納得できないから、俺の話をまず聞いてほしいわけ」

「はい、その前に2、3おたずねしてもよろしいですか?」

「いやいやいや、まず俺の話を聞いてよ」

 

いやいやいや、大変だなあ。

 

他にも、自分で申告書を書くのに、どんなに苦労したかを長々と説明する人とか、次の順番まで来たのに「あああーもう」とかんしゃくを起こして帰っちゃう人とか、さまざまです。

 


f:id:rikimarutti:20170206200948j:image

これは明日使うドライアプリコット(あんず)を水で戻しているところです。

鉄分、ミネラル、食物繊維が豊富なドライアプリコットは人気ですが、「固くて食べにくい」という声も聞きます。

そんな時はこのように水で戻し、好みで砂糖を加えてさっと煮ると、ふっくらしっとり、とても美味しくなります。

 

これを見ていて、ああ今日の税務署みたいにひしめき合ってる…などと思ってしまいました。

おいしいタルトになるのにね、ごめんごめん。

 

 

 

失敗したチケット取り

今日の午前10時から、大相撲3月場所のチケットが発売になりました。

10時少し前からネットにアクセスしていましたが、「ただいま非常にアクセスが混みあっています。」と表示されるだけで全然繋がりません。

用事もあったので30分ねばって諦め、12時過ぎに再びアクセスした時にはほとんど完売。

稀勢の里関の横綱昇進もあってか、物凄いことになっていたのでした。


f:id:rikimarutti:20170205205222j:image

これは今年の大相撲協会のカレンダーです。

もう4大関は見られませんね。

というか、いつか大相撲を直接見られる日が私に来るのか、とても不安です。

もう悲願です。

 

悲願…

昨日と変わらず、揃って相当具合の悪いリキ丸、もみじ、アユ。

追いかけ回して必死に薬を飲ませても、戻してしまうので、どうしようもありません。


f:id:rikimarutti:20170205205917j:image

(これでも)痩せてしまったアユ。

今日の注射のおかげか、水は飲めるようになりました。

なぜこんなことになったのか、さっぱりわかりませんが、早く良くなりますようにと願うばかりです。

レモンクリームのタルトと全員具合が悪いなんて


f:id:rikimarutti:20170204195238j:image

今日はレモンクリームのタルトを配達しました。

さくさくのタルト生地に、ねっとりとした濃厚なレモンのクリームを流して焼いたものです。

甘さも酸味もしっかりしている、私も大好きなタルトです。

 

国産レモンがたくさん出回ってきましたから、皮も果汁もたっぷり使って、レモンの風味あふれるお菓子になりました。

 

春らしいタルトに浮かれている私とは対照的に、なぜか朝からまったく食欲のない3匹。

水さえ飲もうとしません。

そういえば昨日の夜ご飯もほとんど残っていました…

1匹ならまだしも、3匹揃ってというのがちょっと変です。

何かウイルス性の病気なのかも…

急に不安になって、夕方病院へ。

家には私一人だったので3匹全員は無理でした。

仕方ないので、ひどそうなリキ丸とアユを連れていきました。

とりあえず吐き気止めなどの薬で様子を見て、2日経っても変わらないようなら検査をすることになりました。


f:id:rikimarutti:20170204202415j:image

「具合悪いの…」

 


f:id:rikimarutti:20170204202732j:image

こちらも何だかぼへっとしているコテツ。

「先ほど無事に引き取られていきました」と写真が送られてきました。

ガンバレ!

 

小2の気持ちと手作りベーコン


f:id:rikimarutti:20170202210745j:image

今日は子どもクッキングでした。

16人中14人が2年生、後の二人は1年生でした。

メニューは、チョコレート入りスイートポテト。

後は試食を待つのみ、みんな椅子を出してきたりしてワイワイしていると、4つのうちの1つのテーブルの雰囲気がものすごく暗い…

うつむいて離れて座っている2年生の女の子二人。

近づくとどちらも泣いているのでした。

 

ど、どうしたのかな、さっきまで楽しそうにおしゃべりしながら生地を型に詰めていたのに…

 

今までもちょっとしたトラブルはよくありました。

例えば、生地が付いたままの泡立て器を振り回して、周りの子の顔がベタベタになったとか、自分達の班が早く終わったからと他に遠征して邪魔したりからかったりとか、調理室が広い場合は必ず興奮して走り回る、などなど。

「こらー!」と言えば解決した今までとは違います。

何があったのか、聞いても黙って泣いているだけで困ってしまいました。

 

二人を代わる代わる抱きしめて、よしよししながら「いいから食べよう。チョコがとろーりでおいしいよ。」と言うだけの私。

何だかうちのネコに対する態度と同じようになってしまいました。

悪かったかなあ…

 


f:id:rikimarutti:20170202213510j:image

知人の息子さん30才の手作りベーコンを頂き、びっくりするほどのおいしさに感激しながら(ベーコンを自分で作れるなんて!)ちょっと前まで自分も小2女子の母だったなどという、厚かましい勘違いを笑ったのでした。