お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

猫たちのいちばん長い日とカルディーのバターミルクビスケット


f:id:rikimarutti:20170818204257j:image

今日は年に1度のリキ丸たちの予防接種の日です。

左からもみじ、アユ、リキ丸。

私と娘が段取りを綿密に考えます。

誰から最初に捕獲するか、どこで捕獲するか、などなど。

 

日頃「ぼへーっ」としているようで、いつもと違う「捕獲臭」のようなものを敏感に感じ取る3匹は、油断するとサッと姿を消してしまい、大変なことになります。

 

時間に余裕がない私は、とにかく3匹いっぺんに済ませてしまいたい

…そのみなぎる気迫も敗因の一つなのですが…

 


f:id:rikimarutti:20170818210150j:image


f:id:rikimarutti:20170818210206j:image

おもいっきり怖い顔のギャル二人。

リキ丸は写真を撮ろうとするとサッとおしりを向けて、絶対に撮らせてくれません。

 

とにかく今年も無事に終わって良かった…たとえ500gも体重が増えていた子がいたとしても。

さて、それは誰でしょう?

 

 


f:id:rikimarutti:20170818210756j:image

今月に入ってからバターミルクビスケットの試作を繰り返していますが、今日はカルディーで売っているのを再び買ってきました。

なぜなら裏に書いてある原材料を参考にしようと思ったのです。が、「小麦サワー種」などパンの材料が出てきたりして、なかなか難しそう。

そろそろ試食する家族もうんざり気味ですが、頑張りたいと思います。

 


f:id:rikimarutti:20170818213842j:image
生後3ヶ月の子を連れて里帰りしている上の娘。

今日は、たまたま台所の蛇口の修理に来てくれたイクメンのお兄さん(5才と2才の男の子のお父さん)に色々とアドバイスをもらって気が楽になったようでした。

家族3人のアパートに戻っても、まわりにそういう人がいてくれたらいいなあと、うちだけじゃなくて子育てに頑張っているみんなに、祈りたいような気持ちになりました。





 

 

 

それぞれの寝場所と2色の桃のタルト


f:id:rikimarutti:20170816210853j:image

パソコンの机の前で眠るアユです。

雨続きの涼しいこの頃、何となく秋を感じる寝姿。

 


f:id:rikimarutti:20170816211138j:image

なぜか同じ部屋の隅っこの、荷造り途中の段ボールで寝ているリキ丸。

 

たぶん二匹の間で激しい場所取り争いがあったのだと想像できますが、座布団と段ボール、どちらが人気だったのかはまったく想像できません。

が、何となくアユが勝ったかな…勘、ですが。


f:id:rikimarutti:20170816211834j:image

「うるさいなあ、もう」

はい、すみません!

 


f:id:rikimarutti:20170816212753j:image

この間配達した、酸っぱすぎるすもものタルトがなぜか完売したことで調子に乗り、今日の配達は「白桃とソルダムのタルト」です。

そうして調子に乗るとあまり売れないと、何回経験したでしょう。

それなのにまた繰り返す…そんなお盆最終日でした。

チーズケーキ三昧とカエル

お盆は、注文や試作でチーズケーキをたくさん焼きました。

 


f:id:rikimarutti:20170815204802j:image

ずっしり濃厚なタイプや、


f:id:rikimarutti:20170815204924j:image

ミックスベリーをたくさん入れたさわやかなもの、


f:id:rikimarutti:20170815205028j:image

メレンゲとカスタードクリームがたくさん入ったスフレタイプなどなど。

バニラとココアの2色のレアチーズケーキも作りましたが、写真を撮り忘れてしまいました。

 

皆さんはどんなタイプがお好みですか?

 

 

実家の近くでカエルを見ました。

こんなに近くで見るのは何年ぶりでしょう?

もしかしたら高校生のころ以来かも。

あの頃はいっぱいいた気がします。


f:id:rikimarutti:20170815212112j:image

ガマガエルとアマガエルくらいしかわからない…

君は一体何ガエル?

 

 

泣いたアユと夏野菜のケーキ?


f:id:rikimarutti:20170811185408j:image

なぜかアユがしんみりと涙を流していました…


f:id:rikimarutti:20170811185503j:image

アユとは思えない乙女な横顔。

涙がキラリです。

 

お盆だものね、おじいちゃん帰ってくるね…とは関係ない、目にゴミか何かが入ったようです。

少ししたら、いつものアユに戻っていました。

 

お盆と言えば、「みんなが集まるから」とケーキの注文をいただきました。


f:id:rikimarutti:20170811190316j:image

なんだか渋い色合いの、お盆な感じのケーキになりました。

ピーマンとナスとトマトを飾っています。

…うそです。

本当はブドウとすももなのでした。

すもものタルトとアユとリキ丸

ソルダムという品種のすももは外側が緑色っぽいのですが、中がとても美しい赤色です。


f:id:rikimarutti:20170809201211j:image

きっと美しいタルトになると思い、いつもの桃に代えて使ってみました。

 


f:id:rikimarutti:20170809201533j:image

焼き上がってもきれいな赤色のままです。

その上にさらにピンクに着色したあんずジャムでコーティングしました。

 

サクサクのタルト生地とまろやかなアーモンドクリーム、そして甘酸っぱいソルダムとあんずジャムの組み合わせ…

 

我ながらうっとりしながら試食してみると…す、酸っぱい!良く言えば「パンチの効いた酸味」とでも言うのでしょうか。


f:id:rikimarutti:20170809202247j:image

シロップで煮てから使った方が良かったのかな…フレッシュ感を出そうとしたのだけれど…

 

実はこれは配達用のおまかせタルト。

「酸っぱいです!」のポップを付けて出しました。

果たして売れるのか、売れないのか…いつも思うのですが、これは予想がむずかしいのです。

普通なら売れないかもしれませんが、キレイだし、お盆が近いし(?)、もしかしたら、…いやいや正直に「酸っぱい」と表示したし、などと心乱れる配達となりました。

 

そんな落ち着きのない私とは正反対に、まったりと廊下でくつろぐアユとリキ丸。


f:id:rikimarutti:20170809204055j:image

「アユー、リキー」呼んでみました。


f:id:rikimarutti:20170809204207j:image

「アユー、リキー、こっちだよ!」


f:id:rikimarutti:20170809204252j:image

「お母さん、意味もなく呼んで、うるさい…」byリキ丸。

 



 

 

若い人の浴衣と開き直るアユ


f:id:rikimarutti:20170807195120j:image

娘がバイト代をはたいて浴衣を買いました。

 

買う前に「どう思う?」と聞かれ、ポリエステルにしては高いとか、着付けしにくいかも、などなど言いたいことはグッと飲み込みました。

 

娘が一目惚れして、少々高くても自分のお金で買いたいと思ったのですから、好きなようにすればよいと思ったのです。

 

去年の特訓の成果もあり、娘は着物や浴衣を自分で着られるようになりましたが、心配した通り、この浴衣には苦労していました。

 

ポリエステルとはいっても、風を通す涼しい新素材、それは良かったのですが、するする滑ってピシッと決まらない…

そして、身長が低くてやせている子にとっては、仕立て上がりのフリーサイズは大きすぎて、おはしょりの始末が大変なのでした。

 

でも、いいのです。

こうやっていろいろと経験していくのは無駄じゃないから。

 

ちなみにこの帯は「貝ノ口」という結び方です。

男の人の結び方なので、「男結び」と言われたりもします。

女の人も、年配の人がよくやる渋い帯結びなのですが、私は貝ノ口が大大大好き。

何か粋な気がして。

 

その影響か、私も貝ノ口にしたいと娘が言いました。

若い子にはどうなの?せっかくの華やかな浴衣なのに、と思ったけれど、厚手のリバーシブル帯で結ぶと何となく若い感じに出来たのでした。(あくまでも私の感想)

 

こうして娘、娘からそのお友達…という感じで若い人がどんどん浴衣や着物を着てくれたら、というのが私の野望です。

 

 

そしてアユの野望は、煮干しをたくさんもらうことです。


f:id:rikimarutti:20170807204037j:image

これは台所で行き倒れているのではありません。

煮干しをくれるまで、私のご飯支度を邪魔して足元に転がっているのです。

 


f:id:rikimarutti:20170807204331j:image

邪魔から懇願へ

 


f:id:rikimarutti:20170807204412j:image

懇願から開き直りへ…

 

何をしても、1回1匹の約束は変わらないのでした。

 

 

 

よくわからないアユとよくわからないビスケット

今日のアユ。


f:id:rikimarutti:20170805214210j:image

階段から下りてこないので、「どうしたの?おいで」と言ってみましたが、じっとこちらを見ているだけで動きません。


f:id:rikimarutti:20170805214342j:image

「アーユー」と言っても黙っています。


f:id:rikimarutti:20170805214520j:image

怒っているのか、悲しいのか、別に意味はないのか…

普段は分かりやすいアユですが、全然わからない日もあるのです。

 

 

全然わからないと言えば、私はカルディーやスタバで売っている「バターミルクビスケット」が大好きなのですが、自分でも同じようなものを作れたらいいなあと思い、あれこれと試作をしていました。

 

 f:id:rikimarutti:20170805215134j:image

 

バターミルクは日本ではあまり馴染みがない、牛乳からバターを作った後の副産物です。

味はプレーンヨーグルトに似ているらしいので、それを代用しました。

スタバの大きめのまん丸もかわいいですが、ロスが出るのでカルディーで売っている四角いタイプに成形してみました。

 

これはこれでおいしいけれど、何か違う…

スタバに走って一つ買ってきて食べ比べてみました。

 

スタバの方が少し甘くて、全体がふんわりして、そして少し酸味も感じられました。

私のは外側がサクッとしていて中がふんわり。甘さ控えめで酸味もあまり感じられませんでした。

 

うーん、このしっとり感は焼き時間の調節だけで出すことができるのか…

よくわからないことだらけですが、挑戦はまだまだ続く!予定!