読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

オレンジのお菓子が2つ

オレンジやグレープフルーツがおいしい時期です。

そんなこともあり、二日続けてオレンジのお菓子を作りました。


f:id:rikimarutti:20170523212236j:image

昨日のお菓子教室ではオレンジのパイを。

さくさくのパイ生地に、オレンジジュースを使ったカスタードクリーム、オレンジの身をたっぷり載せて生クリームを飾ります。

フレッシュな感じがあふれんばかりです。

 


f:id:rikimarutti:20170523215436j:image

今日は配達用のオレンジのタルトを。

甘さもあるさくさくのタルト生地に、アーモンドクリーム、シロップで煮たオレンジの薄切りをたっぷり載せて焼きます。

焼き上がりにあんずジャムを塗って仕上げます。

ちょっと濃厚な風味に仕上がりました。

 

どちらも同じ種類のオレンジで作りますが、全く違う味わいになりました。

こんなところもお菓子作りの楽しさです。

 


f:id:rikimarutti:20170523221047j:image

夫が入院し、上の娘が出産し、ということで超多忙になりました。

しばらくブログはお休みさせていただきます。

それではまた!

 

 

進化しているデジカメと、今日はもみじがまっすぐ。

最近はタブレットで写真を撮っていますので、デジカメがどんどんすごくなっているというのは、ちらっと聞いたことがあるだけでした。


f:id:rikimarutti:20170521061135j:image

これは先週の母の日、うちで娘が撮った写真です。

デジカメ→パソコン→アプリで編集→LINEでみんなに送る、という面倒な手順のものかと思ったら、最初からデジカメに「コラージュモード」みたいなのがあって、連続して撮った写真が自動的に編集されるのだそうです。

 

しかもWi-Fiスマホに写真をどんどん送ることができるから、すぐにいろいろ活用できるというので、驚きました。

便利すぎる…

こういう分野に疎い私は、最新の状況についていこうなどとは、もはや全く考えていませんが、時々こうやって驚いたりするのは楽しいです。

 

 

f:id:rikimarutti:20170520215406j:image

昨日はアユがまっすぐになっていつまでも同じところに寝ていましたが、今日はもみじがまっすぐでした。


f:id:rikimarutti:20170520222357j:image

寒い時期は丸まっていますが、最近の暑さでほどけてきたのでしょう。


f:id:rikimarutti:20170520222710j:image

「溶けそう…」

じゃあなぜ日の当たる窓際にいるのか…謎です。

裂けたチーズケーキとまっすぐなアユ


f:id:rikimarutti:20170519212853j:image

ミックスベリーのチーズケーキです。

少し焼きすぎたのか、裂けてしまいました。

明日10等分にして配達するのですが、どこをどうカットすればカッコ悪くないのか、悩むところです。

中途半端に残すのもいやで、ミックスベリーをいつもより多目に入れて使いきったのですが、それも良くなかったのかもしれません。

 

「単純なお菓子ほど、作り手によって差が出るものです」なんて生徒の皆さんに言ってる私が、単純なチーズケーキを甘く見ていたのかもと反省しました。

 

反省と言えば、別に誰も何も言っていないのに、なぜか勝手にしょんぼりして玄関から動かなくなったアユ。(のように見えました)

今朝のことです。


f:id:rikimarutti:20170519215303j:image

何もわざわざ段差のところでまっすぐにならなくても…


f:id:rikimarutti:20170519215727j:image

近寄ってみたら寝てました。

何だかニヤニヤしながら。

午前中しばらくそうしていたアユ。

 

もしかしたら陽が当たる場所にいたいだけなのかも、と気がついたのはずいぶんたってからでした…

 

まっすぐなアユを見ていて、自分が「ストレートネック」だと、整骨院の先生に言われたことを思い出しました。

 

治るのに時間がかかるそうですが、この際じっくりがんばってみようか…、アユを見ていてなぜかそう思ったのでした。

 

 

 

 

クッキー2種類と寂しいアユ

今日は午前中のお菓子教室でも、午後の児童センターの子どもクッキングでもクッキーを作りました。



f:id:rikimarutti:20170517211536j:image
見た目は素朴すぎますが、本当においしい「アメリカンチョコチップクッキー」です。

チョコレートたっぷりのソフトで大きなクッキーは、直径10cm以上もあるアメリカンタイプ。

食べごたえがあります。

チョコチップと言っていますが、実際はチョコレートを大きめに砕いた「チャンク」を使って、チョコゴロゴロ感を出しています。

「簡単でおいしい!家でも作ります!」と喜んでもらえて良かった!

 


f:id:rikimarutti:20170517213840j:image

こちらもソフトタイプのクッキーですが、小麦粉の代わりにアーモンドパウダーを贅沢に使ったおしゃれなタイプ。

コーティングチョコレートとスプリンクル(パラパラした砂糖の飾り)でかわいく仕上げました。

小学生になりたてホヤホヤの1年生も頑張りました!

「先生、うち5人家族だけど、お土産6個だよ」

「作った人は2個食べてもいいんじゃない?」

「うんっ」と嬉しそうな顔の1年生は本当にかわいいなあ~

 


f:id:rikimarutti:20170517215209j:image

夜、台所で行き倒れているアユ。

ではなく、忙しかった今日は、なかなかかまってあげられず、拗ねているのでした。

ごめんね、ごめんね。


f:id:rikimarutti:20170517215631j:image

「…」

 

重いアユを抱っこしながら夕飯の準備をしていて、もしかしたらこういう繰り返しが足腰にきて、今回の足の痛みに繋がったのかも、と考えました。

よし!鍛えますか!

いつまでも抱っこできるようにね。


f:id:rikimarutti:20170517220612j:image

「はい、よろしく」

 

 

 

 

 

大きくてシンプルなバースデーケーキとテーピング


f:id:rikimarutti:20170516203808j:image

「最低12人が食べられる、大きくてシンプルなバースデーケーキをお願いします」という注文をいただきました。

 

評判の小料理屋さんの料理長のケーキだそうです。

今夜は常連客が集まって、飲んで食べての誕生会。

「飲むだけ飲むけど、甘いのもしっかり食べる人たちなのよ」という、幹事さんからの楽しそうなお話を伺っていると、配達ついでにそのまま参加してしまいたくなります。

 


f:id:rikimarutti:20170516204626j:image

ずっしりと重いケーキに金箔を散らして出来上がり。

中は、ロールケーキのようにクルクル渦巻き状にクリームとイチゴが巻かれています。

 

シンプルな外見だけど、カットしてビックリ!という訳です。

とてもきれいなのですが、まさかカットして写真を撮るわけにもいかず…でもいつか載せたいと思います。

 

 

週末から突然右足の付け根が痛くなり、横断歩道を青信号のうちに渡れないほどひどいことになったので、昨日整骨院に行って治療してもらいました。

最後にテーピングをしてもらいました。背中と、足の付け根から膝までしっかりと。

「なんか、アスリートみたいですねえ」と先生に言われ、帰ってから見てみたら本当に本格的で、気分は力士。

痛くて辛いのにもかかわらず、相撲好きの私は妙に嬉しい…

相撲愛が間違った方向に行っている気もしますが、剥がすのがもったいなく感じるのでした。

 

お陰さまで今日はだいぶ良くなり、一安心です。

母の日のケーキと大相撲


f:id:rikimarutti:20170514213439j:image

バースデーケーキ兼母の日のケーキ、ということでカーネーションをイメージしたケーキを作りました。

 

私も花束とロクシタンのシャンプー&コンディショナーを夫と娘たちから贈られ、心に残る母の日となりました。

が、今日は大大大好きな大相撲の初日。

こちらも見逃せず、心が忙しい1日となりました。

 


f:id:rikimarutti:20170514215802j:image

これは今年の日本相撲協会のカレンダー、5月6月の写真です。

去年撮られた写真では4大関がにこやかに笑っていますが、1年たった今、稀勢の里横綱に、琴奨菊は関脇に、そして大関照ノ富士豪栄道の二人だけになってしまいました。

 

わずか1年でどんどん変わっていきます。

今日も元気な二十歳前後の若手が次々と出てきていました。

これは、もっと早いスピードで色々なことが変わっていく…そんな予感がするのでした。

 

また仕事場にラジオを持ち込む2週間が始まります。

いつもの二人とミモザのお菓子


f:id:rikimarutti:20170513222421j:image

あとで片付けようと置いていた小さな段ボールに、すかさずアユが入ったので、しばらくそのままにすることにしました。

この目付きは「誰も入っちゃダメ」と言っているようです。


f:id:rikimarutti:20170513222914j:image

もちろん、そんなことはリキ丸には通用しません。


f:id:rikimarutti:20170513223047j:image

何とかアユを追い出し、自分が入ろうとしています。


f:id:rikimarutti:20170513223214j:image

「バシバシバシッ」


f:id:rikimarutti:20170513223429j:image

耐えるアユ。


f:id:rikimarutti:20170513223454j:image

がんばって死守したようですが、何となく表情が固いです。

大変な戦いだったのでしょう。

 

しばらくして覗いてみると、リキ丸が…


f:id:rikimarutti:20170513224335j:image
さすがの貫禄、なのでしょうか?

猫の世界には年齢も性別もあまり関係ないのかもしれませんが、今日のお菓子教室では、女性に感謝し、ミモザの花束を贈るイタリアの「女性の日」にちなんだケーキを作りました。


f:id:rikimarutti:20170513225750j:image

黄色い可愛いミモザを、小さくカットしたスポンジやパイナップルで表現し、中には黄色いカスタードクリームをたっぷりはさんであります。

 

春らしくておいしそうだな…などと自分でも食べたくなってしまいました!