お菓子とネコ、たまに着物

お菓子教室と予約販売をしているネコ好きの日常をつづっています

夏でも食べたいチョコレート

暑い季節だからと言って、みんながみんなアイスクリームやゼリーみたいな冷たいお菓子ばかりを好むかというと、そうではありません。

 

チョコレートクリームのタルトはこの季節でもよく出ると、配達先のお店から言われました。

チョコレートが大好きな人は、夏でも食べたいのかもしれません。

 

でも、いつものチョコタルトのデザインはちょっと暑苦しいので、ちょっとだけ涼し気に、コーティングはホワイトチョコレートにしてみました。

そんなマイナーチェンジが売り上げにどう作用するのか?しないのか?商売のセンスゼロの私にはよくわかりませんが、ゼロはゼロなりに努力はしています。

 

 

そんな私を見下ろすのは、拗ねた表情のアユです。

いくら言っても食器棚から下りてこない、スネ夫アユ。

なぜ拗ねているのかは不明なのでした。

巨大フォカッチャとレアチーズロールケーキ

 今日のお菓子教室で焼いたフォカッチャです。

フォカッチャはサブメニューです。

お店で売っているのは一人分の小さめのサイズが多いですが、今日はレストランのようにドーンと天板いっぱいに焼きました。

 

焼く前に塩、胡椒、オリーブオイルをたっぷり振りかけるので、ワインやビールにも合いそうです。

前に行ったイタリアンレストランで出されたのは、粉が全粒粉で上にローズマリーがふんだんにトッピングされた洒落た感じでのものでしたが、フォカッチャはシンプルで安心な感じの方が私は好きです。

それは一例で、本当にいろいろなフォカッチャがあるので、シンプルなのに深い、かもしれないと思ったりします。

 

メインのメニューは「レアチーズロールケーキ」でした。

マンゴーソースとチーズクリームを巻いた、おしゃれな(と、私は思っている)ロールケーキです。

スポンジ生地を絞りだし袋に入れて、型に斜めに絞っていくのがちょっといつものスポンジと違いますが、みんなとてもきれいにできました。 

「斜め」というところがおしゃれじゃないですか?(しつこい!)

 

しつこいと言えば今日の夕方、いつまでもいつまでも網戸越しに風を感じているアユ。

ボーっとしているようですが、蜂の動きにくぎ付けになったり、飛行機の音に固まったりと、こう見えてなかなか忙しいのです。

 

 

 

おそろいの二人

 

 

 

まったく同じ格好のアユとリキ丸。

なんとなく真面目ですが、そうではありません。

まず食卓テーブルに乗っているところがお行儀が悪いです。

そして、関心のないふりを装いつつ、夕食の焼き魚を狙っているのでした。

今日は大きな塩マスをカレー味にソテーしたので、残念ながら分けてあげることはできません。

 

「いいから、ちょうだい」

最大の目力で訴えるリキ丸と、「子分」感ハンパないアユ。

 

結局はいくら粘ってもしょっぱいお魚はもらえないのでした。猫は塩分は控えないとね。

 

ところで昨日の記事で、バースデーケーキのお名前がわからなくなった件ですが、何とか記憶の糸をたどり、「としえ」さんか「よしえ」さんに(勝手に)絞り込み、2種類のプレートを作っておきました。

 

正解は、としえさん!やっぱり一番最初に「これか?」と思ったものが正しいことが多いのですね。

なんて言って、本当はラッキーなだけ。今後は気をつけなければと反省しました。

しかも、あとで去年の帳簿を見たらちゃんと「としえさん」と備考欄に書いてあるではないですか。

しっかりしろ!自分!

 

冷蔵庫に小さなケーキ

昨日とは全く違う、小さな直径12cmのバースデーケーキです。

飲み会の〆にサプライズ、ということで女子4人分の可愛いケーキです。

直径12cmで4人。昨日の20cm四方の大きなケーキは6人で食べると聞きました。

一人分のケーキってどのくらいなのか…人それぞれと実感。

 

それはいいのですが、ひとつ非常に困ったことがあるのでした。

バースデープレートのお名前を忘れてしまったのです。正確に言うと、お名前を書いたメモを紛失してしまったのです。

じゃあもう一度聞けば良いじゃない?と思われるかもしれません。

もちろんそうです。そうなのですが、「最近スマホの調子が悪すぎて、ほとんど電源切ってるのよ」とお客様が言っていた通り、全く連絡がとれません。

 

「○○え」さん、というところまでは何とか思い出しました。

ヒロエ、ミチエ、マサエ、ヨシエ、トシエ…、そうだ!トシエさんだった!ような気がする!

配達の明日の朝まで、何とか連絡を取れるように努力しつつも一応トシエさんでプレートを作ってしまいました。

「何とかなる」私の座右の銘の一つです。

 

「はーん、それでいいわけ?甘いわね、甘い」(チコちゃん風)

 

冷蔵庫に大きなケーキ

 

仕事場の冷蔵庫を開けたら、大きな四角い苺のケーキがドーン!

「おー」

自分で入れたくせに、開閉するたびに思わず声が出ます。

これがうちのケーキだったらいいのになあ、などとおめでたいことを考えたりして。

 

スライスした苺、苺のシロップ、苺のゼリーと形を変えた苺がたくさんのバースデーケーキです。

もうそろそろ苺の季節も終わろうとしていますから、これが今シーズン最後の苺のケーキかもしれません…なんてしんみりしそうになりましたが、品種の違う夏苺が登場してくるんだった!

 

今日のお菓子教室で作った「コーヒーチョコチップマフィン」です。

コーヒー味のマフィンにチョコチップがたっぷり入った簡単お菓子。

今日はアユの乱入もなく、よくふくらんでおいしそうにできました。

普段の日はこういうお菓子がやっぱり良いかも。

 

 

 

 

 

 

エラそうなアユとアメリカンチェリーのチーズケーキ

今日のお菓子教室のメニューは、アメリカンチェリーのレアチーズケーキでした。

アメリカンチェリーの種を取って少しの砂糖とキルシュを加えて火を通すと、真っ赤なシロップ煮ができます。

それをたっぷり加えたほのかにピンク色のレアチーズケーキ。

とてもさわやかです。

冷蔵庫で冷やし固めて型から出し、最後にナパージュ少々で水滴のようなデコレーションをしました。

ナパージュは果物の艶出しなどに使われる製菓材料です。

 

もうあと少しで出来上がるというところに、のそのそとアユが入り込んできました。

私が試食用のコーヒーを運ぶ時に、少しだけ戸を開けてしまったのでした。

 

「ん~、どれどれ?皆さん頑張ってるかしら?」

 

 

「右の人、なかなかいいわね」

 

 

「左の人…私を見て笑ってんじゃないわよ。集中よ」

 

なんて言っていそうな、なぜかエラそうなアユ。

 

 

白い花だけのアレンジメント


f:id:rikimarutti:20180615065258j:image
昨日は父の三回忌でした。

今回は最初から最後まで全部一人で段取りしたので、無事に終わって本当にほっとしました。

お寺さんのことで知らなかったこともたくさんあり、勉強になったと思いつつも次回は七回忌、すべてを忘れていそうです。

 

会食したホテルの方に「祭壇のお花をどうぞ」と言われ、大きなアレンジメントを持ち帰りました。

全部白い花。一部緑色のアジサイのようなものもあります。

花の種類が様々で、でも色が一色に統一されているのもいいものだなあと思いました。

 

いつか假屋崎省吾さんが「同じ花でいろいろな色、逆に同じ色でいろいろな花、まとまりますよ」と言っていたことを思い出しました。

 

でもこれからはアレンジメントは長持ちしない季節。

残念ながら終わってしまったお花の代わりに庭の花を少しづつ足して、徐々にカラフルにしていくのもいいかな。

 

「あーあ、早く雨止まないかな~」

飽きずに雨を眺める3匹。

 

梅雨は始まったばかり。